教育委員会対象に、英語を教える教員対象の研修企画・運営を行っています。

教育委員会のご要望を伺いながら、総合的なコミュニケーション能力を育成するための実践的な英語教員研修をご提案いたします。ワークショップスタイルで行われる研修は、世界各地と日本での豊富な経験と実績のある指導法をもとに、アクティブ・ラーニングの視点からの授業改善にも対応しています。また、大学教員対象や英語力向上の研修も行っています。

より確かな授業改善のため、中長期的な視点で研修プログラム立案をお勧めしております。詳しくはお気軽にEメールでお問い合わせください。

ブリティッシュ・カウンシル 英語教員研修の特徴

1. 確実な指導力向上に対応する実践的な研修内容

ブリティッシュ・カウンシルの教員研修では、第二言語学習論を含め、常に英語教育に関わる最新研究成果を世界各地から取り入れ、実績のある教授法をご紹介しています。同時に、文部科学省の方針や学校現場でのニーズに沿って、日本の児童・生徒が、英語という外国語において総合的なコミュニケーション能力を高められる効果的な内容をご提供します。

小学校段階、中学校・高等学校段階、そして大学段階と、学習者の年代や特徴に有効なアプローチや要素を取り入れた研修はもちろんのこと、教員養成から現職教員研修、そして研修講師に対する研修まで、教職キャリアの各ステージに応じた研修内容を準備しております。

指導力だけではなく、教員の英語力向上についても対応いたします。

2. 教師の「できること」を増やすための主体的な研修方法

研修にご参加いただくことによって、研修で学んだことをすぐに授業で活かし、「授業が変わる」ことが求められます。授業が実際の英語を使うコミュニケーションの場になるためには、教師が授業で「できること」を確実に増やすことが大切です。

学習者の言語活動の機会を増やすコツ、英語で英語を教えるノウハウ、学習者のやる気を引き出すアプローチなど、理論面だけでなく実践的かつ主体的に学んでいただけます。教室での言語活動の事例を参加型で体験し、授業での実践を「練習」するマイクロ・ティーチング(模擬授業)等が含まれた、ワークショップ形式の研修スタイルは非常に好評です。

現在求められている「主体的・対話的で深い学び」を促すアクティブ・ラーニングの授業に対応できるよう、研修もアクティブ・ラーニングの形式で、双方向で協働しながら進めていきます。

3. 英語教育に関する高い専門性と豊かな経験の講師陣

研修を担当する講師は、実践的な英語教育法の専門家で、日本・世界での学校現場で教えた豊かな経験をもっています。ブリティッシュ・カウンシルの講師は全員、世界中にあるTESOL/TEFLの資格の中で、最も広く認められ高評価を受けている英語教授の資格CELTA*の保持者です。CELTA*は知識・理論面と同様に、それを実際に教える場面でどのように適用するかという実践面も重視しています。

国際標準の英語習得を視野に入れ、学習者の総合的なコミュニケーション力を伸ばすノウハウを持つ専門家が、研修参加者の不安や悩みに答え、ていねいにサポートします。教員研修を担当する講師は、ネイティブスピーカーで、CELTA*の上位資格である、修士レベルに相当するDELTA**を持つだけでなく、継続的に研鑽を重ねています。

 

<小学校> 外国語活動担当教員研修

小学校では、「聞くこと」「話すこと」を中心に、小学校年代に合ったアプローチで、英語に慣れ親しむことをねらいとした、楽しく意味ある言語活動の実際をご紹介します。「読むこと」「書くこと」についても、この年代で習得することが望ましい基本的な技能について、小学生段階にふさわしいアプローチで扱います。

諸外国で実績のある「ヤングラーナー(年少の外国語学習者)」へのアプローチと、日本の小学校における経験を踏まえ、児童の意欲と関心を高める授業をご体験いただきます。学級担任の教師が担当することを念頭に、まずは、受講者の先生方に英語でのコミュニケーション活動の楽しさを実感していただけることを大切にしています。

研修内容は、教育委員会からのご要望に沿い、最新の英語教授法、講師の経験等を合わせて、ご提案差し上げます。

研修テーマ一例:英語での授業の進め方、物語(絵本)や歌・ゲームの活用、教室英語と楽しいスピーキング活動、教員の英語力向上、他教科との連携

<中学校・高等学校> 英語教員研修

教室がコミュニケーションの場になることをめざし、高校に続いて中学校でも、英語の授業は英語で行うことが基本となります。生徒が、実際に、目的・場面・状況等に応じたコミュニケーション活動を通して、自分の気持ちや意見を表現し、学びを深めていける授業づくりに焦点をあて、特に「話すこと」および「書くこと」などの言語活動を十分に取り入れていきます。

「聞くこと」「話すこと」「読むこと」「書くこと」の4技能のうち、「話すこと」については、「やりとり(Interaction)」と「発表(production)」を意識する必要があります。これらの技能は、英語を外国語で学習する日本においては、日々、生徒自身が思考、判断、表現するといった能動的な学習活動を英語で繰り返すことで力が育成されていきます。

そのために研修では、教員が授業で求められるスキルを具体的にお示しし、授業で指導できるようになっていただくことを大切にしています。研修では、生徒の言語活動が中心となるアクティブ・ラーニングの視点にあった実践的教授法をご紹介し、経験していただきます。

研修テーマ一例:英語で進める授業づくり、教科書の活用とコミュニケーション活動、コミュニカティブな文法指導、「話す」こととモチベーション、4技能試験IELTS指導法、コミュニケーション型の「聞くこと」「話すこと」「読むこと」「書くこと」のアクティビティや評価法、CAN-DOリストへの対応

<大学> 英語教員研修

学習指導要領の改訂や4技能型試験の導入等に伴い、大学でも、より実践的な授業が求められます。大学で英語教育の担当教員に対する研修に加え、【英語で教科内容を教える】ための研修も実施しております。英語で教科内容を教えるための研修も行っております。詳しくはお問い合わせください。

研修参加者の声(小学校)

  • みんなで英語を使おうという一体感が感じられた。間違えても温かい雰囲気でむかえられて、臆することなく英語を話せた。
  • 「慣れる」ということを楽しみながらできたと思います。終始やわらかい雰囲気で研修を進めていくにくださり、「授業」のスタイル、構えとしてもとても参考になりました。
  • 教室英語での、いくつかのアクティビティに繰り返し取り組む中で、自分の語彙を増やしていきたいと思うようになりました。

研修参加者の声(中学校・高等学校)

  • 「英語で授業をする」ということが、それほど大げさなことではなく、当たり前(のよう)にできるということを痛感しました。日々の授業の中で、今回学んだことを取り入れていくことで、生徒のモチベーションを高めて、興味を持たせることができたらいいなと思います。<中学校>
  • 教科書を有効的に使う方法については授業で実際に使えるもので役に立つ内容だったと思います。ありがとうございました。<中学校>
  • インタラクションを取り入れる方法を学べた。子供たちが考え方を深める興味ある授業を作るのに役立つと思う。自分の意見と他の人の考えが交流できる授業を心掛けたい。<高校>
  • これほどの短期間で、スピーキングから始まり指導計画まで、どのように学ぶことができるのか期待でいっぱいでした。授業では、普段見落としがちな点について、違った角度から見直すことができました。そして、それぞれのトピックが計画的に練られていたため、方法論にとどまらず、実践にもつながる指導法を考えられました。<高校>

研修参加者の声(大学)

  • 教科書に沿った教え方以外に、学生の興味を引くテクニックを学びたいと思って参加しました。他の参加者の意見を聞くことが出来た点も良かったです。
  • テキストを終わらせることだけに気を取られがち(特に英語力のあまり高くないクラス)なので読まされる。書かされる。聞かされるという押し着せのやり方を変えるアイディアが得られればと思い参加しました。大変有意義な研修でした。
  • どういうふうに学生たちに総合的な英語知識を与えられるかを勉強していきたいと思いました。持ったとおりに良い勉強が出来ました。これから自分の講義に導入してみたいと思います。

包括的継続的な教員の資質向上(CPD: Continuing Professional Development)のための枠組み(英語) 

*CELTA : Certificate in English Language Teaching to Adults(ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格)
**DELTA : Diploma in English Language Teaching to Adults(ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格で、大学院修士号と同等資格として認定)

 

お問い合わせ
ブリティッシュ・カウンシル
英語教育 Eメール