ブリティッシュ・カウンシルの英語教員研修を担当する講師として最も大切なことは、「英語教育のプロフェッショナル」であること。英語指導における実践的な国際資格はもちろんのこと、授業者としての経験と実績を持ち、日本の教育現場に精通しています。常に研修後の振り返りと日常的な自己研さんを欠かさず、最新の情報を取り入れながら、質の高い教員研修を実現します。

<教員研修講師としての専門性と資質>
確かな理論とエビデンスに基づく効果的な指導法や、指導者として求められる態度・姿勢を具体的に実演し、英語教員のモデルとなることができます。効果的な指導を行うためには、目標設定、授業構成、言語活動の実際、評価、学習者に対する理解、教材作成など、多岐にわたる要素が必要です。それらを総合的に考慮に入れ、研修受講後の授業改善に向けて、先生方を具体的にサポートします。

ブリティッシュ・カウンシルの研修は、ワークショップの形で進みます。受講者がお互いに学び合える、協働的な雰囲気を作ることを心がけます。そして、受講者のニーズや悩みを理解しながら、十分なコミュニケーションを取って進めます。

英語教師には、自然で実際のコミュニケーションで使われる英語を、学習者の段階に合わせて使用することが求められます。学校現場で英語を教える受講者の参考になるように、研修中においても、講師は明瞭でわかりやすい英語使用を心がけています。

<英語教授に関する国際資格>
全ての講師が、TEFL/TESOLの中で最も認知度が高く実践的なCELTA*、並びに修士レベルに相当するDELTA**(あるいは同等)取得を義務付けられています。加えて、大学院修士課程等で、グローバルな視点で英語教授法の知識や技術を高めています。

<英語指導に関する経験>
英語教員研修の講師は全員、日本・世界の小学校・中学校・高校などの学校現場で英語を教えた豊かな経験があります。そこで培った高い技術があり、日本の教育現場、英語教育に精通しています。

<英語の熟達レベル>
講師の英語力は、言語の運用能力を測る国際基準CEFRにおいて、「熟達した言語使用者」段階のC2レベルです。

*CELTA:ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格
**DELTA:ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格で、大学院修士号と同等資格として認定

講師紹介

Robin Skipsey ロビン・スキプシー

アカデミックマネージャー

日本の公立小中学校での英語指導、教材作成を行う。日本人英語教員(小中高およびALT)への指導経験を持ち、日本の学習指導要領を十分に理解した上で、教員研修開発に携わる。日本の英語教員支援プロジェクト全般における、カリキュラムおよび教材開発責任者。

Tom Ledbury

Tom Ledbury トム・レドブリー

英語教員研修トレイナー

日本で20年近く、幼稚園から高齢者まで幅広い層に対し、試験対策を含む多様なコースを指導。小学校で英語指導を8年間行った。レスター大学修士課程を修了、特に日本の小学校において、モチベーションが英語学習に与える影響について研究。

Ross Malcom

Ross Malcolm ロス・マルコム

英語教員研修トレイナー

タイの公立学校で英語教師としてのキャリアを開始。幼稚園から高校までの指導を行う。その後チリやタイで、小中高校生や成人、アカデミック英語、IELTSコースなど幅広いレベル、年齢層を指導。マレーシアでは教員研修プロジェクトに携わり、2015年より日本で英語教員研修を担当。

Laura Pratt

Laura Pratt ローラ・プラット

英語教員研修トレイナー

オーストラリアの中等学校で外国語教師を務めた後、2011年に来日。日本の大学の教員養成課程で英語および指導法を教授するほか、ケンブリッジ英語教授知識認定テストの受験指導を行う。日本の小学校での外国語活動の指導、中学校でのカリキュラム・教材開発の経験も持つ。現在、ノッティンガム大学の修士課程在籍。