英語4技能をバランスよく育てる「やり方を習得する」

ブリティッシュ・カウンシルが行う英語教員研修では、児童・生徒の英語4技能向上のための実践的な指導方法をご紹介しています。効果的で充実した英語の授業を行うため、教師には、一定の英語運用力、第二言語習得に基づいた英語教授の知識、実践的な指導力の3つが求められます。実践的な指導力とは、学習者や目標、状況に合わせた的確な授業運営のスキルを意味しており、気持ちや考えを伝え合ったり、モチベーションを高めるテクニック等も含まれます。

当機関の英語教員研修では、研修受講者は「生徒」として、「先生」である講師が行う「English Richな英語の授業」を体験し、そこで紹介されているテクニックを習得することを目標としています。授業で使える実際のアクティビティを行いながら、注意するべき指導ポイントを押さえ、効果的な指導テクニックを身につけ、授業での実践へつなげていきます。

対象

  • 小学校で英語をご担当の教員(予定含む)
  • 中学校・高等学校の英語教員及び教育委員会ご担当者
  • 教員養成課程の学生の方
  • テーマによっては、大学教員にご参加いただくことも可能

 

ブリティッシュ・カウンシルの英語教員トレイナー

ブリティッシュ・カウンシルの講師は全員、世界中のTESOL/TEFLの中で最も知られる「CELTA*」を取得。さらに、研修を担当する講師は、CELTAに加え修士レベルに相当する「DELTA**」を持ち、日本・世界での学校現場で英語を教えた豊かな経験があり、日本の英語教育に精通しています。また、日本全国の先生に英語教員研修を行っています。

*CELTA: Certificate in English Language Teaching to Adults(ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格)
**DELTA: Diploma in English Language Teaching to Adults(ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格で、大学院修士号と同等資格として認定)

 

小学校教員のための研修

日本においても英語指導が小学校3年生から始まります。外国語の指導においては、小学生の年代に合ったアプローチが必要です。小学校段階では、英語に楽しみながら触れ、「聞く」「話す」の活動を十分にした上で、「読み」「書き」を段階的に導入していきます。小学生の学習には、指導者の他教科での指導経験や児童との関係性が大きな影響を与えることはよく知られており、児童にとって学級担任は外国語学習における最適のロールモデルです。研修では、英語指導の経験が浅い教師にも配慮し、小学生向きの活動、具体的な英語表現や活動の進め方などについて実践を通して理解できるよう組み立て、すべての先生方の自信と実践力を高めます。

小学校教員向け研修

2018年8月16日(木) 10:00-13:00 小学校段階の読み書き指導
2018年8月16日(木) 14:00-17:00 物語(絵本)を使った英語の教え方

 

中学校・高等学校教員のための研修

4技能のアプローチを英語教育の中心とする目的は、言語を使用したコミュニケーション力の向上です。これからの授業では、実社会で言葉が使われている場面や状況を取り上げながら、生徒が自分の考えや意見を意欲的に表現できる工夫が必要となります。英語は楽しいという動機づけを高めながら、身の回りのことを表現する中学生レベル、より複雑な社会的な話題に対応できる高校生レベルと、学習者や熟達度に合わせた英語使用と指導の知識やテクニックが求められます。そうした実践的な場面設定と具体的な言語活動を体験いただき、分析や省察を重ねて、明日の授業改善へとつなげます。

中学校・高等学校教員向け研修

授業評価と指導を連動させるための実践について、多くの「実習」を通して扱います。
2018年8月8日(水)、9日(木)、10日(金) 各日10:00-17:00 ※3日連続、または1日単位でのお申込可
 
2018年8月17日(金) 10:00-13:00 スピーキングテスト指導
2018年8月17日(金) 14:00-17:00 ライティングテスト指導