<2017年 春の教員研修の日程・内容が決定しました:2017年 英語教員研修コース一覧

 

ブリティッシュ・カウンシルでは、学校教員対象に実践的な英語教員研修を開催しています。「英語による英語の授業」を通して、授業で使えるアクティビティを体験し、アクティブ・ラーニングの研修スタイルで授業実践力を高めていただけます。中・高校はもちろんのこと、小学校英語にも対応。

「研修で習ったことが、明日の授業にすぐに使える。」

そんなことが実現できるように、ブリティッシュ・カウンシルの研修は非常に【実践的】。受講者を児童・生徒役に見立て、「英語による英語の授業」の実際をご体験いただき、授業で使えるアクティビティをご紹介していきます。また、授業を想定した「マイクロティーチング(模擬授業)」を取り入れているので、授業で使う場面がイメージでき、高い専門性と豊富な指導経験を持つ講師からのサポートを受けることができます。

中学校・高等学校の授業がこれからますます充実していく中で、「英語で効果的に指示をしたい」 「生徒のモチベーションを高める秘訣を知りたい」 「生徒が自分の考えを表現するスピーキング活動をしたい」という教員からの声があります。これらにお応えし、ブリティッシュ・カウンシルの研修では、4技能による総合的な言語活動を行うことを通して、情報や考えなどを外国語で理解したり、表現したり伝え合ったりする素質や能力を育成することを目指した授業の実践力向上をねらいとしています。

小学校では、3年生から外国語活動が始まります。「小学生にとって効果的なアプローチを知りたい」 「外国語活動を担当したことがなく、英語を話すのが不安」 「楽しく単語学習をやりたい」というような悩みや不安を解決し、コミュニケーション活動を有意義に展開できる様々なアクティビティをご紹介します。例えば、物語(絵本)は小学生年代に有効なアプローチのひとつ。児童は聞く力や集中力が高まると同時に、英語を発する量が自然に増えていくという報告が寄せられています。そういった実践を導くためのテクニックをご紹介します。

英語で情報や自分の考えを伝え合う力を育成するためには、主体的能動的なアクティブな学習スタイルが必須。そのためには、研修もアクティブ・ラーニングのスタイルをとり、教師の「できること」を増やし、授業実践力を高めていただくことに重点をおいています。

ブリティッシュ・カウンシルの講師は全員、世界中にあるTESOL/TEFLの資格の中で、最も広く認められ高評価を受けている英語教授の資格CELTA*の保持者です。研修を担当する講師は、日本・世界での学校現場で教えた豊かな経験があり、CELTA*の上位資格である、修士レベルに相当するDELTA**を持つだけでなく、継続的に研鑽を重ねています。

 

対象

  • 小学校で外国語活動をご担当の教員(予定含む)
  • 中学校・高等学校の英語教員及び教育委員会ご担当者
  • 教員養成課程の学生の方
  • テーマによっては、大学教員にご参加いただくことも可能

 

開講時期

  • 短期集中コース(3~5日): 春・夏休みに開催
  • 半日・1日コース: 日曜日や春・夏休みに開催

 

研修テーマ一例

  • 小学校
    効果的な教室英語、絵本や歌の活用法、ボキャブラリーの有意義な活動、他教科との連携等、年代に応じた教授法
  • 中学校・高等学校
    「聞くこと」「話すこと」「読むこと」「書くこと」のコミュニケーション活動、コミュニカティブな文法指導、教科書の活用法のほか、Can doリストと指導の一体化、評価方法や4技能試験対策 

 

2017年 英語教員研修コース

 

*CELTA : Certificate in English Language Teaching to Adults(ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格)
**DELTA : Diploma in English Language Teaching to Adults(ケンブリッジ大学英語検定機構が授与する英語教授に関する国際資格で、大学院修士号と同等資格として認定)