※今回の募集は終了しました。次回の開催が決定しましたら、こちらでお知らせします。

スモールトークと読み書きは、小学校高学年で新しく導入された活動です。それぞれのねらいや具体的な活動の進め方について、指導法を学びませんか。スモールステップで体験しながら進めるので、ちょっとしたコツも学べ、実習を通して授業に向けての自信が高まります。

今夏からオンラインでの研修も行います。対面かオンラインのご都合の良い方をお選びください。両方とも同じ内容を双方向で行い、ペアワークなども含まれます。

ワークショップ詳細

  • 小学生の読み書き:子どもたちの学びに必要なこと
    「読む」ことを構成している力を分解し、子どもたちがどんな順序で読む力を習得していくかをご紹介します。読み書きについては、何を、どんな順番で教えるかは非常に大切。このセッションを通して「音声で慣れ親しむ」ことの大切さを踏まえ、授業をていねいに、有意義に組み立てられます。もちろん、授業で使える活動もご紹介します。(新しい内容です)
  • 教師による対話的な活動:スモールトーク
    スモールトークは、教師と児童、そして児童間で行う対話的な活動です。既習表現を繰り返し使い、児童の「話したい!」という気持ちを維持しながら、基本的な表現の定着を目指す活動の実際をご紹介します。教科書によく出てくるテーマを取り上げるので、どの教科書を使っていても役立ちます。(過去の開催と同じ内容です)


【対面】
2020年8月4日(火)10:00-13:00 小学生の読み書き:子どもたちの学びに必要なこと
2020年8月4日(火)14:00-17:00 教師による対話的な活動:スモールトーク 

【オンライン】
2020年8月3日(月)10:00-13:00 小学生の読み書き:子どもたちの学びに必要なこと
2020年8月5日(水)14:00-17:00 教師による対話的な活動:スモールトーク

対象:小学校教員
定員:各回  対面の場合20名、オンラインの場合30名
講師:ブリティッシュ・カウンシル英語教員研修講師 講師陣のご紹介
言語:英語で行います。初心者の方を含め、すべての先生方にご参加いただけます。
費用:各回 9,100円(税込)
会場:(対面)ブリティッシュ・カウンシル(東京都新宿区神楽坂1-2) /  (オンライン)ZOOM活用の予定

新型コロナウイルス感染症予防対策についてはこちらをご覧ください。

過去の参加者の声

  • Small Talkに対して難しいイメージが大きかったが、段階を踏んだステージで組み立てていくのが大切だとわかった。
  • 学んだことを自分でやってみる時間があったので、頭の中だけでなく理解することができた。
  • 参加前は(講師の話す内容が)聞き取れるか不安だったが、聞き取りやすい講師の英語でセッションを乗り切ることができた。


お問い合わせ
ブリティッシュ・カウンシル  英語教育部門  Eメール

本サイト内の関連ページ