大学入学共通テスト 何が新しい?

準備のための無料オンライン教材のご紹介

2021年1月から大学入学共通テストが実施されることに伴い、ブリティッシュ・カウンシルでは、高校教員を対象に、共通テスト準備に向けた教材を集めた冊子を作成しました。

センター試験と比べると、共通テストではリスニングとリーディングの配点が均等になったり、アクセント・語句整序の問題がなくなった等、いくつかの違いがあります。その中で最も注目すべき点は、共通テストは、実際のコミュニケーションの場面を想定し、英語の知識だけではなく、英語の知識の活用力を評価するという点です。プレテストを見ると、本質的な「読解力」「聴解力」を重視していることがわかります。そして、思考力や判断力、情報分析力等も必要とされ、「受験テクニック」が通用しない問題も見受けられます。これは、従来の英文和訳中心や単調なリスニング活動から脱却し、日頃から授業中の言語活動を充実させることの重要性を示すものです。

そのため、共通テストは、現実世界での言語の使用場面を想定しており、従来の教科書よりはるかに多くのジャンルを扱っています。しかし、CEFRを参照しながら生徒の言語レベルに合う、実際のコミュニケーションで使われているようなオーセンティックな教材を準備するのは容易なことではありません。

そこで、この冊子では、共通テストのリスニングやリーディングの特徴を踏まえ、無料オンライン教材をご紹介しています。ジャンル、話し言葉・書き言葉等に注目したり、センター試験からの変更点についての一考察など、ブリティッシュ・カウンシル独自の視点も含めました。

フォーム入力後にダウンロードのリンクURLをご案内いたします。どうぞご活用ください。
注)この冊子は指導者向けに編集されています。(受験生向きではありません)

 

本サイト内の関連ページ