リーズ大学での現地の学生との交流【8月4日】

~英国短期留学中の塾生による写真および文章を通して、現地の様子をお届けします~

今日で英国短期留学も8日目。

午前中のレクチャーはビジネスについて。まずマーケティングについて学び、その後企業のホームページや広告などを分析して、どのように改善すればより多くの人に見てもらえるのか、ということをグループごとに話し合いました。リーズ大学(University of Leeds)はビジネスの授業に力を入れており、本物さながらの講座に参加できたのは本当によい経験になったと思います。

昼食をはさみ、午後は翌日のウィットビーでのフィールドワークの予習として英文学・ヴァンパイアについてのレクチャーを受けました。作者や物語の背景を学び、ヴァンパイアの描写や心情について意見を交換しました。授業を受けたことで、明日のフィールドワークがよりいっそう楽しみになりました。

今日のアクティビティーではパワーポイントカラオケをしました。これは、初見のスライドを見て、即興で1分間のプレゼンをするというものです。なかには、宇宙人や幽霊についてなど面白いものもあり、プレゼンの中で自分の経験を交えたり、作り話をしたりととても盛り上がりました。楽しい上に即興力も身について、ぜひ日本でもしたいなと思いました。

夕食後はゲーム大会! ジェンガやUNOなどに加えて、スクラブル(Scrabble)やピクショナリー(Pictionary)といったイギリス特有のゲームもあり、塾生の仲間はもちろん、学生スタッフの方々とも一緒になって盛り上がり、より仲良くなれました。

またリーズ大学内でミュージカルを練習していたイギリスの中高生たちに、特別にリハーサルの様子を見せてもらいました。レ・ミゼラブルの一部を見たのですが、あまりの歌のうまさに全身鳥肌が立ちました。私達と同世代の人たちが頑張っているのを見て、心から感動しました。

いよいよ日本へ帰る日が近づいてきました。この英国短期留学も残りあとわずか。イギリスで過ごせる1日1日をかみしめながら、最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。

(担当:A1)