リーズ大学初日【8月1日】

~英国短期留学中の塾生による写真および文章を通して、現地の様子をお届けします~

本日はバスで約4時間かけて、オックスフォードからリーズまで移動しました。途中で異国のドライブスルーに寄る貴重な体験をすることができ面白かったです。今までの2都市とは違う、新鮮なリーズの町並みに感動しました。

リーズ大学(University of Leeds)到着後は、チームごとにキャンパスツアーに出かけました。各チームにアンバサダーが付いてくださり、リーズ大学についてのクイズに答えながらキャンパス内を散策しました。リーズ大学はとても広くて自然にあふれ、さまざまな施設がありました。大学内にあるジムは、ロンドン五輪の際に中国とカナダのチームがトレーニングに使用したほど最新の設備が整っていました。また、学生が自由に利用できる庭園があり、たくさんの野菜やハーブが育てられていました。そしてグループでディスカッションができる空間や、チルアウトルームという頭を休ませられる部屋、大きくて開放的なカフェがいくつもありました。

夕方からはSports Nightの時間があり、フットボールやフリスビー、ドッヂボールをアンバサダーと一緒に楽しみました。また「だるまさんがころんだ」や「はないちもんめ」など、日本の遊びをアンバサダーに教えました。英語でルールを説明することは難しかったけれど、一緒に日本文化を楽しんでもらえる良い機会となりました。

明日からはリーズ大学での講義がいよいよ始まります。とても楽しみにしています! 最終目的地での6日間、しっかり頑張りたいと思います。

(担当:A2)