イギリスの教育制度(16歳以下)

16歳までの教育

このセクションでは、16歳以下の子どもが受けるイギリスの教育について概要を説明しています。

  • 16歳以下の留学生の多くは、ボーディング・スクールと呼ばれる寮制私立学校で勉強しています。詳しい情報は、「ボーディング・スクール」のセクションをご覧ください。
  • 障がいや特別な教育的ニーズのある子どもも、普通の学校に通っていますが、さらにサポートが充実している特別支援学校もあります。
  • このセクションでは、子ども向けの英語コースについては触れていません。興味のある人は、「英語を学ぶ」のセクションをご覧ください。

小中高等学校とホーム・スクーリング

イギリスでは、16歳までの子どもは家庭または学校で教育を受けなければなりません。

  • 公立高校
    イギリスでは5歳から16歳までのすべての子どもは無料で公立の学校で勉強する権利があります。ほとんどの子どもが公立学校に通っています。公立学校は、英国政府か地方の教育委員会から資金を得て維持されています。
  • 私立学校(プライベート・スクールまたはパブリック・スクールとも呼ばれる)
    イギリスには2,600の私立学校があり、約62万5千人(イギリスで学校に通う全生徒の6.5%)が勉強しています。ほとんどの私立学校が授業料で運営されています。また、多くが奨学金や補助金を提供しています。非営利の学校が多く、利益は学校改善のために還元されています
  • ホーム・スクーリング
    4歳から16歳までの子どものうち少数が、家で親や家庭教師による教育を受けています。ホーム・スクーリングに関する情報はイングランド北アイルランドスコットランド 、ウェールズそれぞれの政府のWebサイトで調べることができます。また、 ホーム・スクーリングに関心のある親をサポートするチャリティが運営するEducation OtherwiseのWebサイトも役立つでしょう。

イギリスの教育制度

3歳から4歳:イギリスでは、多くの子どもが3歳から4歳でナーサリー・スクール、プレー・グループと呼ばれる保育園や小学校の幼児クラスなどに入って教育を受け始めます。これらの幼児教育は、義務教育には含まれません。 

  • 4歳から16歳:5歳から16歳までは義務教育を受けます。すべての子どもが公立学校に無料で通うことができます。
  • 小学校には、5歳から11歳または13歳までの子どもが通います。小学校は、プライマリー・スクール、インファント・スクール、ジュニア・スクール、プレ・プレパラトリー(プレ・プレップ)・スクール、プレパラトリー(プレップ)・スクールなどの言い方があります。「プレ・プレパラトリー」や「プレパラトリー」は、私立学校に使われる言葉です。
  • 中学校では、11歳または13歳から16歳までの生徒が教育を受けます。中学校は、セカンダリー・スクール、ハイスクールまたはシニア・スクールといいます。「シニア・スクール」という言葉は、私立学校に使われます。
  • 16歳以上:「16歳からの教育」 のセクションをご覧ください。

さらに詳しい情報

市民アドバイス局 のWebサイトには、イギリスの教育制度に関する情報が満載です。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドで情報が分かれています。ページの右側に「この内容は○○地域に当てはまります」と書いてあるので、自分が調べたい地域の内容かどうか確認するようにしてください。