Mat Wright

イギリスが英語を教える教員対象のコースを数多く提供し、英語教員研修のための最適な留学先として多くの留学生に選ばれていることをご存じでしょうか。イギリスでは今から1世紀以上前に初のELT(English Language Teaching)センターが開校し、以来、学生への英語教育はもとより、教員への研修においても、高い専門性を発揮しています。これまで、イギリス国内だけでなく全世界の英語教員を対象に、トレーニングを実施してきました。教員向けのコースが豊富に提供されていることに加え、イギリスでは教授力の向上をめざす教員にとり多くのメリットがあります。イギリスで教員研修を受けるメリット5つをご紹介します。

1.質の高い教育

英語教育の提供国として長年にわたり世界をリードしてきたイギリスには、どの国にも負けない経験豊富な教員がそろっており、こうした優れた教員から教授法を学ぶことができます。イギリスが提供する高品質のトレーニングは世界中で需要が高く、これまでにも多くのイギリスの学校が国内外で、欧州の国々やタイなど世界各国の英語教員にトレーニングを提供してきました。

2.実践的なカリキュラム

教員研修の分野で長い歴史を誇るイギリスでは、その理論と数多くの実践的経験を始めとする独特のスタイルが確立されています。研修を受ける教員は、他の教員の教える様子を見ることができ、逆に自分が教える様子をより経験の豊富なスタッフに見てもらうことも可能です。こうして教師と生徒との間で双方向型の授業を展開するテクニックを習得していきますが、このようなスタイルはイギリスに特有のものです。実用性が重視されているため、イギリスで得た知識や技術は日本に戻ってすぐに教室で役立てることができます。

3.ニーズに合ったコース選択

イギリスの語学学校には、教員を対象とする短期研修をほぼ毎週定期的に開講しているところがあり、柔軟な研修スケジュールを組むことが可能です。また、さまざまなタイプの学校が幅広い教員研修を実施しています。こうしたコースには、教員向けの再研修コースのほか、初等・中等学校教員向けのコース、言語と教授法に関するコースがあります。学習教科の内容を通じて言語を学ぶブレンド型学習、すなわちCLIL(クリル:内容言語統合型学習)といった特殊な授業方法の習得を目的としたコースもあります。さらに、英語教授法の分野で資格や学位を取得することも可能です。

4.最新の教育メソッド

イギリスの英語教育は成熟しており、イギリスの教授法は世界で最も革新的であるといえます。イギリスでは教員が、より生徒を中心に据えた教授法を習得できるほか、授業の中で新たな方法を実践し、生徒のニーズと学習進捗を評価できるようになります。また、新しいテクノロジーと教授法をどのように授業で実践していくのかを見出すこともできます。

5.英語の母国で学ぶ

英語の発祥地であるイギリスで教授法を学ぶことは、教員自らの英語力と発音を向上させ、イギリスの英語教育環境について知識を深める機会ともなります。また、イギリスの豊かな歴史と文化をじかに体験し、日本の学校における異文化理解教育に役立てることができます。

教員向けコースは、私立語学学校、大学、カレッジなどイギリス国内のさまざまなタイプの学校で受講が可能です。
このたび、イギリスでの教員研修をご希望の先生方を対象に、イギリスの教員研修の概要やコース情報をまとめたガイドブックStudy UK Teacher Training Courses 英語教員のための英国研修ガイドを発行しました。イギリスの教員研修について、詳しくは当ガイドブックをご覧ください。オンライン版を、下記よりダウンロードいただけます。

本サイト内の関連ページ