イギリスの外でイギリスの資格を取得する

現在では、世界のどこにいても、世界的に認められているイギリスの資格を取得する方法があります。

UK transnational education

イギリスで勉強することは、新しい文化を経験し、英語の環境に浸り、イギリスのカントリーサイドや街を楽しむ価値ある経験となります。しかし、家族や仕事の関係で、イギリスで生活することは難しい人もいるでしょう。

UK transnational education (UK TNE) は、イギリスの外でイギリスの資格を取得するために勉強することを意味する言葉です。多くの異なる受講の方法があります。

  • オンライン/通信教育コース:毎年57万人以上の学生が、イギリスのオンライン/通信教育コースで学んでいると推定されています。オンラインコースでは、コースの教材をダウンロードし、Webページを通じて課題を受け取ったり提出したりします。通信教育コースでは、郵送やCDでコース教材を受け取ります。イギリスの外にいても、個別のサポートが受けられないわけではありません。ほとんどのオンライン/通信教育コースで、学生に担当のチューターが付くので、Eメールや電話で質問をしたりサポートを受けたりすることができます。
  • イギリスの学校の海外キャンパス:やはりキャンパスに通いたいという人には、海外にあるイギリスの大学、カレッジのキャンパスが良いでしょう。世界中に、イギリスの学校のキャンパスがあります。授業は英語で行われ、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドから来ている教師もいるので、まるでイギリス国内のキャンパスのような雰囲気です。イギリス人学生が通っている場合もあります。
  • 海外の学校との提携プログラム:イギリスの学校と提携している海外の学校で勉強するプログラムで、毎年55万5千人の学生が学んでいると推定されています。海外の学校がイギリスの学校に代わってイギリスの資格を取得するためのコースを提供しているプログラムと、共同でコースを開発して、それぞれの学校から資格が授与される場合があります。

海外で受けられるイギリスの教育のメリット

  • イギリスの学位を取得したくても、家族や友人または仕事を残してイギリスで生活することは望まない人も少なくありません。自分の国でイギリスの資格取得に向けて勉強することは、現在の生活やキャリアを諦めることなく、最高の教育が受けられることを意味します。 
  • 自分の国でイギリスの教育を受けることは、家族との生活が続けられるだけでなく、金銭的な節約にもなります。イギリスへの渡航費や滞在費の節約になり、働きながらパートタイムで勉強することもできます。
  • 幅広いイギリスのコースが、さまざまな国で、しかも自分に合った方法で勉強できます。

質の高いコースを選ぶ

コースを選ぶ際は、イギリス政府や教育団体に認められている評判の良い学校を選びましょう。「16歳までの教育」、「ボーディング・スクール」、「語学留学」、「専門学校」、「大学・大学院」のセクションも参考にしてください。 

オンライン教育、通信教育については、Open & Distance Learning Quality Council (ODLQC) が、評価の基準を設定しています。ODLQCは定期的にコースを提供している学校を調査し、サービスの質を確認しています。 また、調査を受けた教育機関の詳細とリストを公開しています。

海外で勉強できるイギリスのコースを見つける

  • オンライン/通信教育コースを見つけるには、各学校のWebサイトで調べてみましょう。
  • イギリスの海外キャンパスや提携プログラムを見つけるには、時間がかかるかもしれません。現在のところ、世界のいたるところで提供されているコースを網羅する情報源はありませんが、日本で受講できるコースを探してみましょう。日本のブリティッシュ・カウンシルの留学関連イベントに参加することで情報を得ることもできます。また、それぞれの学校のWebサイトを見て、日本で提供されているコースがないか調べてみましょう。

海外で勉強できるイギリスのコースに申し込む

ほとんどの場合、希望する学校に直接申し込みます。必要な書類や出願の方法は、それぞれの学校のWebサイトで確認しましょう。