16歳までの教育 科目と資格
©

Mat Wright

中学校最後の2年間(14歳から16歳)に、ほとんどのイギリスの生徒は以下の資格のいずれかを取得します。

  • GCSE
    GCSE は、イングランド、ウェールズ、北アイルランドで、14歳から16歳のほとんどの生徒が取得する学業資格です。この年齢の生徒の間でもっとも一般的な資格です。インターナショナル GCSE は GCSE に類似した資格で、海外の生徒の間で広く受験されています。
  • IBミドル・イヤーズ・プログラム
    国際バカロレア(IB)が取得できるイギリスの学校が増えています。通常、2年間のIBプログラムの準備として、外国語、人文学、科学、数学、芸術、体育、テクノロジーを勉強します。
  • スタンダード・グレードとインターミディエイト(スコットランドの資格)
    スタンダード・グレードは、一般に中学校の3年目から4年目の2年間にわたって勉強し、4年目の終わりに試験を受けます。クレジット、ジェネラル、ファウンデーションの3つのレベルがあります。試験は通常、クレジットとジェネラルまたはジェネラルとファウンデーションの2つのレベルを受けます。インターミディエイト1と2は、スタンダード・グレードのジェネラルまたはファウンデーション・レベルに合格した生徒や、学校・カレッジで新しい科目を勉強したい生徒を対象にしています。

これらの資格は、通常試験と普段の勉強の両方で評価されます。生徒は複数の科目を選んで勉強します。例えば GCSE では数学、英文学、英語学、物理学、化学、生物学を含む7科目から10科目を勉強します。幅広い科目で基礎を身につけ、進学や就職の準備ができるようにするためです。

科目とカリキュラム

イングランドにあるほとんどの公立学校は、 全国共通のカリキュラムに沿った教育を行っています。スコットランドの学校では スコットランドのカリキュラム、北アイルランドの学校では北アイルランドのカリキュラム、ウェールズの学校ではウェールズのカリキュラムで教えています。

これらのカリキュラムは、政府によって定められているもので、生徒が幅広い科目で優れた教育を受けられるよう、教えるべき科目や到達すべき水準を規定しています。

私立学校は政府の定めたカリキュラムに従う義務はありませんが、多くの学校が自主的に使っています。全国共通のカリキュラムを採用していない学校も幅広い科目を教えています。

本サイト内の関連ページ