4技能試験IELTS指導に向けて、まずIELTSを理解する

2020年度に始まる大学入学共通テストでは民間4技能試験の導入が始まります。また、英語4技能(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)を測る試験として、入試にIELTSを導入する大学も増えています。

IELTS(アイエルツ:International English language testing system)は留学、海外移住・就職などの際に英語力を証明する試験として、世界各国10,000以上の機関に採用されており、年間300万人が受験する世界で最も受験者数が多い試験です。英語の環境で、授業や仕事、生活に必要なコミュニケーション力がどの程度あるかを測るために考案され、スピーキングテストはトレーニングを受けた認定試験官と1対1で行われます。そのテスト内容は、コミュニケーション力や論理的思考に重点をおいており、学習指導要領や今後求められる人材育成と共通しています。

今回のワークショップでは、4技能試験にご関心のある先生方に対し、IELTSの指導法について技能別に扱います。本研修は、IELTS指導のトレイナー研修において認定を受けた講師が担当します。

 

ワークショップ詳細

  • 2018年8月17日(金) 10:00-13:00 スピーキングテスト指導
    スピーキングテストの3つのパートの考察、評価基準と必要なスキル、スキルを練習するためのアクティビティ、各パートの対策、受験者ビデオ分析等を通して、IELTSスピーキングテストの組み立てを理解し、指導のヒントやアイデアを習得する。
  • 2018年8月17日(金) 14:00-17:00 ライティングテスト指導
    ライティングテストの2つのフォーマットの考察、生徒にタスクの違いを説明する仕方、図表説明問題とエッセイライティングそれぞれに対する適切なテクニックやストラテジーの使い方(語い、類義語・同意語、文法の構成、出題が求めることの理解、考えを整理しエッセイを構成する方法等)。

対象:英語4技能試験の指導にご関心のある中学校・高等学校・大学英語教員、教育委員会担当者
定員:30名(先着順)
講師:ブリティッシュ・カウンシル IELTS教員研修認定講師*(CELTAおよびDELTA保持者)
言語:英語
費用:各回 8,900円(税込)
会場:ブリティッシュ・カウンシル(東京都新宿区神楽坂1-2)

* ブリティッシュ・カウンシルの講師は全員、世界中のTESOL/TEFLの中で最も知られる「Certificate in English Language Teaching to Adults (CELTA)」を取得。さらに、研修を担当する講師は、CELTAに加え修士レベルに相当する「Cambridge Diploma in ELT (DELTA)」を持ち、日本・世界での学校現場で英語を教えた豊かな経験があり、日本の英語教育に精通しています。今回IELTS指導を行う講師は、世界各地のブリティッシュ・カウンシルから選抜され、IELTSにおける教員研修を受けた「British Council Global IELTS approved trainer」が担当します。

 

過去の参加者の声

  • 研修を受けていると新しい指導法が思い浮かんだり、新たな疑問が出てきたりと非常に刺激の多いセッションになりました。また、講師の方にフレンドリーに質問できたり、他の参加者の方と交流できるのも大きなメリットでした。
  • 実践的で沢山クラスで役立てられるヒントをいただきました。
  • 先生への質問への答えが的確で経験豊かだと感じました。

 

お申し込み

こちらのオンラインフォームよりお申し込みください。

 

お問い合わせ

ブリティッシュ・カウンシル  英語教育部門  Eメール

 

本サイト内の関連ページ