日英の音楽家と川崎市内の特別支援学校の生徒が、新しい曲づくりにチャレンジ

川崎市、ブリティッシュ・カウンシルと英国のアート団体ドレイク・ミュージックとの日英共同プロジェクトは2021年で4年目を迎えました。今年は、これまでドレイク・ミュージックによるトレーニングに参加し、障害のある人も参加するインクルーシブな音楽ワークショップの実践スキルを身に着けた日本の音楽家が、川崎市内の特別支援学校の生徒たちとワークショップを重ね、一緒に新しい曲づくりにチャレンジしました。

2021年5月から7月にかけて、川崎市内の特別支援学校3校の生徒27名と18名の教員、そして13名の日英音楽家が、のべ20回の音楽づくりワークショップを行い、オペラ《アイーダ》の音楽をインスピレーションに曲づくりを進めました。

当初は、英国からドレイク・ミュージックのメンバーを迎えて、日本の音楽家と一緒に学校でのワークショップを行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響で、今年は残念ながら来日は叶いませんでした。しかし、オンラインのビデオ会議ツールも活用して、日本の音楽家と密に連携を取りながら、英国からのビデオレターや、毎回のワークショップの様子を動画で共有することで日英共同での音楽づくりを実現しました。

完成した《かわさき組曲》は、2021年8月9日、フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2021のフィナーレコンサートで東京交響楽団が世界初演を行います。生徒たちが生み出すリズムやメロディ、思い思いに奏でる音を集めてできた曲は、生徒の個性や創造性だけでなく、ワークショップの雰囲気も捉えた作品になっています。生徒たちと創りあげた音楽を聴いた多くの方に、自己表現の方法としての音楽の力、そして障害のあるなしにかかわらず、誰もが音楽に親しみ、創造性を発揮できることの意義を感じていただければ嬉しく思います。

《かわさき組曲》ができるまでのプロセスや聴きどころ、音楽家のメッセージをまとめた冊子を本ページ下のリンクからダウンロードいただけます。

プロジェクト紹介ページ(ミューザ川崎シンフォニーホール公式ウェブサイト内)にワークショップレポートなどを掲載しています。ぜひあわせてご覧ください。

円形デザインのプロジェクトのロゴ、白背景に黒字でかわさきドレイク・ミュージックプロジェクトと書いてある
©

British Council

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2021 東京交響楽団フィナーレコンサート

日時: 2020年8月9日(月・振休)15時開演(14時開場/14:20~14:40プレトーク)
会場: ミューザ川崎シンフォニーホール(JR川崎駅西口直結)
公式ウェブサイト: ミューザ川崎シンフォニーホール 公演情報ページ
主催: 川崎市、ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)

公演プログラム
指揮: 原田慶太楼(東京交響楽団 正指揮者)
出演: 東京交響楽団、弦楽四重奏:カルテット・アマービレ (篠原悠那(第1ヴァイオリン)、北田千尋(第2ヴァイオリン)、中恵菜(ヴィオラ)、笹沼樹(チェロ))
【曲目】
ヴェルディ: 歌劇「アイーダ」から 凱旋行進曲とバレエ音楽
かわさき=ドレイク・ミュージック アンサンブル:かわさき組曲~アイーダによる(世界初演)
アダムズ: アブソルート・ジェスト
吉松 隆: 交響曲第2番「地球(テラ)にて」作品43 (1991 / 2002)

本サイト内の関連ページ

関連サイト