ワークショップでファシリテーターの話を聞く参加者
©

British Council, photo by Kenichi Aikawa

日本と世界で活躍するクリエイティブ・プロデューサーのネットワーキング・フォーラム

ブリティッシュ・カウンシルは、英国のメディアセンター、ウォーターシェッド(WATERSHED)と連携し、日本と世界で活躍するクリエイティブ・プロデューサーのネットワーキング・フォーラムを2018年9月29日(土)に開催します。

世界人口の半分以上が都市部に集中していると言われている現在、加速する少子高齢化やグローバル化、急速な技術革新などにより、人々を取り巻く社会の課題も多様化しています。そのような中、行政、民間、研究機関や市民など多様なステークホルダーとアーティストをつなぐクリエイティブ・プロデューサーの役割の重要性が高まっています。

ウォーターシェッドは、世界のクリエイティブ・プロデューサーをネットワーク、育成することを目的に、アーツカウンシル・イングランドの助成を受けて、「クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル」を2017年より展開しています。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー、マンチェスター・インターナショナル、サマセットハウス、アンリミテッド、西イングランド大学ほか英国内外の文化・教育機関の担当者に加え、日本のライゾマティクスの齋藤精一氏をアドバイザーに迎え、公募により選定した世界9ヵ国、14名のクリエイティブ・プロデューサーがプログラムに参加しています。

2018年9月末には「クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル」の一環で、東京において13名のクリエイティブ・プロデューサーとアドバイザーが参加する1週間のレジデンスプログラムが行われます。そこで、彼らが東京に集結するこの機会に、日本のさまざまな分野で活動するクリエイティブ・プロデューサーの方を対象にした、1日のネットワーキング・フォーラムを開催します。当日は、トークセッションやアクティビティを通して、いま世界で必要とされるクリエイティブ・プロデューサーの在り方を探るとともに、参加者同士のネットワーク構築を目指します。

世界のさまざまな分野で活躍するクリエイティブ・プロデューサーと意見交換できる機会です。ぜひご参加ください。

【開催概要】

日時:2018年9月29日(土)09:30-17:45 (09:15 受付開始)
会場:ステーションコンファレンス万世橋3階(302)
対象:日本のクリエイティブ・プロデューサー
定員:15名
参加費:無料(昼食込)
お申込方法:オンラインフォームよりお申し込みください
※ご参加に際してのアクセス面でのサポートのご要望(例えば手話通訳など)があれば、お申し込みオンラインフォームにご記入ください。
お申込締切:2018年9月23日(日)
※応募多数の場合には抽選、結果は9/24にお知らせします。

主催:ブリティッシュ・カウンシル、ウォーターシェッド
共催:JKD Collective 株式会社
特別協力:ライゾマティクス・アーキテクチャー、東日本旅客鉄道株式会社
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

お問い合わせ:uk-event@britishcouncil.or.jp(ブリティッシュ・カウンシル)

【クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル 参加メンバー】

英国ウォーターシェッド

  • ピート・ヴァンス / Playable Cityプロデューサー
  • ヒラリー・オショネシー / Playable Cityリードプロデューサー
  • ジョー・ランズドン / クリエイティブ・プログラム・マネジャー
  • クレア・レディントン / CEO、クリエイティブ・ディレクター

クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル 参加者

  • ブルース・池田 / JKD Collective、代表取締役(日本)
  • ルーク・エメリ / クリエイティブ・プロデューサー(英国)
  • ケイト・スチュワート / 企業家(英国)
  • ライアン・スワンソン / The Urban Conga、代表(アメリカ合衆国)
  • ルイザ・デイヴィス / Royal Shakespeare Company、イベント・マネジャー(英国)
  • サラ・ヒスコック / Manchester International Festival、クリエイティブ・ラーニング・マネジャー(英国)
  • ミシェル・ブラウン / アーティスト/キュレーター(アイルランド)
  • サラ・ブリン / 美術史家、キュレーター(デンマーク)
  • アリス・ホランド / プロデューサー(英国)
  • アネル・モルダクメトバ / キュレーター/プロデューサー(カザフスタン)
  • カリシマ・ラファティ / Somerset House、キュレーター(英国)
  • レティシア・ロザノ / LabCDMX、Playable City担当(メキシコ)
  • ラッセル・ロンゲン / アートマネジメント/コンサルタント(南アフリカ共和国)

クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル アドバイザー

  • ジョー・ヴェレント / Unlimited、シニア・プロデューサー(英国)
  • サラ・エリス / Royal Shakespeare Company、デジタル・デベロップメント担当ディレクター(英国)
  • ジェラルディン・コリンジ / Royal Shakespeare Company、イベント・展覧会のディレクター(英国)
  • クロリンダ・ロモ・ゴンザレス / LabCDMX、クリエイティブ・プロジェクト部門 ディレクター(メキシコ)
  • 齋藤 精一 / 株式会社ライゾマティクス、代表取締役社長(日本)
  • クララ・ジロー / アーツ・プロデューサー/Artsadmin、プロジェクト・マネージャー(英国)
  • ジョン・ダヴィ / The University of the West of England、教授(スクリーンメディア)(英国)
  • ニマ・ハート / Arts Council England、クリエイティブ・メディア担当リレーションシップ・マネジャー(英国)
  • マリー・マクパートリン / Somerset House、ディレクター(英国)
  • サイモン・モートン / The University of the West of England、インパクト・リサーチ・フェロー(英国)
  • 湯浅 真奈美 / ブリティッシュ・カウンシル アーツ部長(日本)

(敬称略、五十音順)

【プログラム】

プログラム(PDF 89KB)をご覧ください。

 

本サイト内の関連ページ