プレイアブル・シティ活動の様子
Photo credit(左から右に): Hello Lamp Post © PAN Studios, © Beto Figueiroa/TragoBoaNoticia 2014, Shadowing © farrows creative

「Play(遊び)」をキーワードに都市の未来を考えるクリエイティブな国際会議 Making the City Playable 2018

英国のメディアセンター、ウォーターシェッドが2012年に立ち上げた、「遊び」を通して都市と人が出会うグローバルなイノベーションプラットフォーム、Playable City。そのPlayable Cityの英国外で初となる国際会議を2018年9月28日に東京で開催しました。

当日は国内外で活躍するスピーカーが登壇したほか、8ヶ国の約30名のクリエイター、プロデューサー、研究者なども参加し、基調講演やプレゼンテーション、パネルディスカッションなどを通して、未来の都市のあり方をグローバルな視点で議論しました。午後のプログラムでは、ウォーターシェッドが展開している世界のクリエイティブ・プロデューサー育成プログラム、『クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル』の参加者たちがファシリテーターを務めるワークショップを通して、東京におけるPlayable Cityの可能性を探りました。さらに今年の6月、Playable City Tokyo 2018レジデンスプログラムに参加して、東京で滞在リサーチを行った英国の2人のクリエイターが、リサーチから生まれたアイデアを発表。2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、世界の注目が高まる東京で、もっと自由で、遊び心と創造性の溢れる街へと進化させるヒントを発見する一日となりました。

【開催概要】
日時:
2018年9月28日(金)
会場:ステーションコンファレンス万世橋

【スピーカー】(敬称略、登壇順)
齋藤 精一(株式会社ライゾマティクス、代表取締役社長)
クレア・レディントン(ウォーターシェッド、CEO/クリエイティブ・ディレクター、UK)
若林 恵(黒鳥社、ディレクター)
ティーン・ベック(アーティスト、リサーチャー、UK)
田中 元子(株式会社グランドレベル、代表取締役社長)
ジョー・ヴェレント(Unlimited、 プログラム・シニア・プロデューサー、UK)
マテアス・ポルソン(Counterplay Festival、デンマーク)
三輪 美恵(東日本旅客鉄道株式会社、執行役員 事業創造本部 新事業・地域活性化部門部長 兼 品川まちづくり部門部長)

グラフィックファシリテーター:やまざき ゆにこ

【プログラム】
プログラムページをご覧ください。

主催:ブリティッシュ・カウンシル、ウォーターシェッド
共催:JKD Collective株式会社
特別協力:ライゾマティクス・アーキテクチャー、東日本旅客鉄道株式会社
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

本サイト内の関連ページ

関連サイト