プロジェクト概要

ブリティッシュ・カウンシルは2014年3月、BBC交響楽団のメンバーと、その教育プログラムに長年携わり、ワークショップ・ディレクターとして第一線で活躍するリンカーン・アボッツ氏を日本に迎え、オーケストラによる新しい形の音楽教育をテーマに一連のプログラムを開催しました。

オーケストラ楽団員向けワークショップ型トレーニング

日本のオーケストラの楽団員の方々に向けて、クリエイティブな音楽教育プログラムを展開するための、実践的なワークショップ型トレーニングを開催しました。

英国BBC交響楽団によるワークショップ型トレーニング「教育プログラムに新たなアプローチを」

日時:2014年 3月 26日(水)~31日(月)
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール/東京国際フォーラム/文京シビックホール
主催:ブリティッシュ・カウンシル 
協力:公益社団法人日本オーケストラ連盟 / ミューザ川崎シンフォニーホール

一般参加型音楽ワークショップ

BBC交響楽団のメンバーと日本のさまざまなプロオーケストラの楽団員が、子どもからお年寄りまで、年齢や音楽の経験を問わず、参加者全員で曲を作り上げて演奏するワークショップを実施しました。

英国BBC交響楽団による音楽ワークショップ「ファミリー・オーケストラ」

<一般向けワークショップ:ファミリーオーケストラ>

日時:2014年3月29日(土)10:30-12:30
会場:東京国際フォーラム ホールD5
主催:ブリティッシュ・カウンシル 
協力:公益社団法人日本オーケストラ連盟

<小学生向けワークショップ>

日時:2014年3月31日(月)10:00-14:00
会場:文京シビックホール小ホール
主催:首都圏オーケストラの日実行委員会
特別協力:ブリティッシュ・カウンシル

フューチャーセッション【オーケストラ、ホールによる教育プログラムの未来】

日英のオーケストラ、ホール関係者、芸術文化関係者とともに、オーケストラ、コンサートホールによるクリエイティブな教育プログラムのあり方を考えるフューチャーセッションを開催しました。

フューチャーセッション【オーケストラ、ホールによる教育プログラムの未来】

日時:2014年4月 1日(火)17:00 - 20:00
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール 市民交流室
主催:ブリティッシュ・カウンシル 
共催:ミューザ川崎シンフォニーホール

プロフィール

  • BBC交響楽団

BBC交響楽団は1930年に設立され、英国の音楽シーンで中心的な存在として活躍しているオーケストラであり、20世紀そして同時代の音楽の演奏に熱意をもって取り組んでいる。毎年夏に開催されるBBCのプロムスにおいては初日と最終日を含む多くのコンサートに出演しているほか、ロンドンのバービカン・センターと提携をしており、年間を通じて多くのコンサートを開いている。こうしたコンサートのすべてはBBCのラジオ3によって放送されている。 BBC交響楽団は、ローカルコミュニティに根付きながら、オーケストラが手掛けるさまざまなレパートリーを幅広い観客層に届けることを目的に、革新的な教育プログラムの提供にも力を入れている。BBC交響楽団の教育部門は、さまざまな機関と連携しながら、ファミリーや学校、アマチュア音楽家など、さまざまなバックグラウンドの人々にクリエイティブなプロジェクトに関わってもらえるような機会を提供している。また、シーズン毎に、オーケストラ全体が教育活動に参画するように働きかけ、楽団員を対象にした教育プログラムをリードし運営するためのトレーニングも提供している。教育プログラムの一環として、2004年から隔年で世界の多様な文化圏の音楽を英国に紹介することを目的にダイバース・オーケストラ・ウィークというプロジェクトも実施しており、2013年にはブリティッシュ・カウンシルとのパートナーシップにより日本の音楽が特集され、子どもから大人まで多様な方々を対象にしたトークやパフォーマンスが展開された。

  • リンカーン・アボッツ(ワークショップ・ディレクター)

フルート奏者、作曲家、指揮者、教師、ワークショップ・ディレクターとして、英国内外で幅広く活躍している。マンチェスター大学とギルドホール・スクール・オブ・ミュージック&ドラマで学んだ後、オーケストラ、オペラ、美術館、ダンス学校などの教育プログラムと連携しながらフリーランスとしてキャリアを始動。2003年から2008年まで、BBCプロムスのラーニング・コンサルタントおよびBBC交響楽団・コーラスのラーニングマネージャーとして活動し、ファミリー・オーケストラやコーラスプログラムを開発。ダイバース・オーケストラ・プロジェクトの中核的役割を担った。2008年から2012年までNPO団体「ミュージック・フォー・ユース」のチーフ・エグゼクティブを務め、若者にさまざまなパフォーマンスの機会を提供した。現在、英国王立音楽大学の関連団体である英国王立音楽検定協会のストラテジック・ディべロップメント・ディレクターを務めている。音楽家としても積極的に活動しており、2012年のBBCプロムスでは、ファミリー・オーケストラによる“Wish You Were Here”の世界初演を指揮した。