オーケストラ・ホール関係者向け英国派遣プログラム(2013年1月実施)

2013年1月25日(金)~2月4日(月)、BBC交響楽団による日本特集プログラム「Diverse Orchestra Japan」の開催にあわせて、同楽団と共催で、日本各地のオーケストラ、劇場・音楽ホールのスタッフを英国へ派遣する研修プログラムを実施しました。BBC交響楽団による多様な教育プログラムへの参加や、ロンドン交響楽団、サウスバンク・センターをはじめ英国の主要なオーケストラやホールの担当者との交流を通して、英国の文化芸術団体の戦略や実践について理解を深めるとともに、今後の日本の文化芸術機関による地域との連携、教育プログラムの在り方について意見交換を重ねました。

帰国後には英国派遣の報告会として、「オーケストラ・コンサートホールが地域とできること―音楽教育プログラムのこれからを考える」と題したフォーラムを開催。研修プログラム参加者による英国の状況に関するプレゼンテーションのほか、同時期に来日公演を行っていたロンドン交響楽団の教育プログラム部門長のエレノア・グスマンとワークショップファシリテーターのレイチェル・リーチもスピーカーとして迎え、ロンドン交響楽団が実践する教育プログラムについて紹介しました。

フォーラムには150名を超える音楽関係者が参加し、オーケストラやホールの教育プログラムにおける新たな可能性や地域との連携の在り方などについて、積極的な意見交換が行われました。

派遣プログラム概要

日程:2013年1月25日(金)~2月4日(月)
訪問先:BBC交響楽団、ロンドン交響楽団、ロンドンシンフォニエッタ、フィルハーモニア、バービカン、サウスバンク・センターなど
主催:ブリティッシュ・カウンシル、BBC交響楽団
協力:公益財団法人アフィニス文化財団

フォーラム「オーケストラ・コンサートホールが地域とできること―音楽教育プログラムのこれからを考える」概要

日時:2013年3月5日(火)18:30-21:30
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室
主催:ブリティッシュ・カウンシル
共催:ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)

派遣プログラム参加者

前田 明子 (公益財団法人東京都交響楽団 広報・販促グループ) 発表スライド
木佐貫 貞夫 (新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ) 事業課 企画制作担当 主任) 発表スライド
桐原 美砂 (公益財団法人新日本フィルハーモニー交響楽団 事業担当 プロデューサー)
益滿 行裕 (財団法人日本フィルハーモニー交響楽団 企画・制作部部長) 発表スライド
露木 拓真 (公益財団法人川崎市文化財団 ミューザ川崎シンフォニーホール 事業課)
小出 篤 (公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団 演奏事業部 企画制作) 発表スライド
柿塚 拓真(公益財団法人日本センチュリー交響楽団 総務経理部 マネージャー) 発表スライド
長谷川 亜樹 (公益財団法人サントリー芸術財団 サントリーホール 企画制作部 プログラミング・ディレクター) 発表スライド
伊藤 由貴子 (公益財団法人神奈川芸術文化財団 神奈川県立音楽堂 館長・プロデューサー)
小崎 久美子(公益財団法人 アフィニス文化財団 事業部 主任) 発表スライド