アンリミテッドの国際展開

アンリミテッド・インターナショナル

アンリミテッドが重点的に支援する活動のなかにはアーティストの育成と、英国と諸外国の障害のあるアーティストのコラボレーションも含まれます。その一環で、ブリティッシュ・カウンシルは英国、中国、ブラジル、南アフリカ、ドイツ、日本、クロアチアのアーティストとともに5つのプロジェクト(「Boomba Down The Tyne」「The Dean Rodney Singers」「The Impending Storm」「Unlimited Global Alchemy」「Breathe」)を「アンリミテッド・インターナショナル」の傘下で実施。ブリティッシュ・カウンシルの広範なネットワークを利用し、サウスバンク・センターやアーツ・カウンシル・イングランドとも連携しながら、これらのプロジェクトを世界各地の制作者やプロモーター、芸術機関、さらにはブリティッシュ・カウンシルが拠点を置く各国のオーディエンスに向け発信しました。

ブリティッシュ・カウンシルによるアンリミテッドの国際展開

ロンドン五輪閉幕後の2012年9月以降もブリティッシュ・カウンシルによるアンリミテッドへの支援は続き、2013年3月にカタールで行われた中東で初となるアートと障害のフェスティバルをはじめ、グレイアイ・シアター・カンパニーによるバングラデシュでの舞台ワークショップ、英国とブラジルによる「トランスフォーム(Transform)」(2016年のリオ大会に向けた4年間にわたる芸術分野での交流促進プログラム)の一環で開催される「アンリミテッド・ブラジル」、Candoco ダンス・カンパニーによるヨルダン、パレスチナ、グルジア、アルバニア、アルメニア、トルコ、クロアチア、ベトナムへの国際ツアー/ダンス・ワークショップ、障害のあるアーティストと世界のプロモーターや芸術文化機関をつなぐオンライン・プラットフォーム「Disability Arts International」の開設、障害のあるアーティスト・観客のインクルージョンと多様性に焦点を当てたEUとの共同プロジェクト「アンリミテッド・アクセス」など、各地域のオフィスがアーティストや関連機関と綿密に連携しながら、さまざまなプロジェクトを実現しています。日本でも関係者の方々とともに障害のあるアーティストの活動支援や、障害を持つ方々へのアクセシビリティ向上を目指し、今後も多様なプロジェクトを展開していきます。