プライベート・ユートピア展の参加作家であるライアン・ガンダーが、本展出品作品の≪四代­目エジャートン男爵の16枚の羽毛がついた極楽鳥≫(2010)について語るインタビュー映像です。

物語性への欲求が特徴のガンダー作品。剥製の鳥とその鳥にまるわる新聞記事が構成する≪四代­目エジャートン男爵の16枚の羽毛がついた極楽鳥≫は、何が事実で何がフィクションなのか観客を惑わせ、物語の世界に引き込みます。

本サイト内の関連ページ