スピーキング:流暢さと内容の一貫性

このビデオでは、スピーキングの評価で考慮される、「筋道の通った話(coherence)」を「つかえずにスムーズに話す(fluency)」という2つの点について説明しています。評価ポイントとしては、「長時間詳しい話ができる」、「筋道の通った内容を話せる」、「話を進めるために接続詞などの接続表現を適切に使える」などが挙げられます。アドバイスや具体例だけでなく、英語でスムーズに話す力を伸ばすためのヒントも掲載しています。