©

Simon Jarratt Corbis

英語教育の新たな方向性―国際化で問われる評価のあり方
New Directions English: Role of English Assessment in Internationalisation

登壇予定者(敬称略)

  • 2014年9月29日(月)
    根岸 雅史 東京外国語大学 大学院総合国際学研究院/教授
    カン・ホウセイ 北京外国語大学/教授
    バリー・オサリヴァン ブリティッシュ・カウンシル/英語教育上級アドバイザー
    アンソニー(トニー)・グリーン ベッドフォードシャー大学/教授
    クォン・オリャン ソウル大学/名誉教授
  • 2014年9月30日(火)
    佐藤 邦明 文部科学省高等教育局国際企画室・国際企画専門官
    デイヴィッド・コニアム
     香港教育学院/教授
    ジェシカ・ウー 言語訓練テストセンター/プログラム・ダイレクター

予定パネルディスカッション(敬称略)

2014年9月29日(月)

1.  “Validity and Validation: Huge scale testing”

Validity is often defined as how well an assessment can be shown to accurately reflect a candidate’s true level of ability. Validation includes the techniques and processes test creators use to gather evidence to demonstrate this. The aim of this panel discussion is to share our experiences to more fully understand and incorporate the concepts of validity and validation in large scale testing in South East Asia and beyond. Several current approaches for test quality and accuracy will be discussed in this topic.  

Moderator: 仲村 圭太 公益財団法人 日本英語検定協会
Panellists: 
ジェシカ・ウー 言語訓練テストセンター
クォン・オリャン ソウル大学
カン・ホウセイ 北京外国語大学
ニール・ドレイブ 香港考試及評核局

2. “Test Quality and Quality  Assurance”

While there are increasing demands to develop and deliver high quality, widely recognised large-scale tests, there is some debate about how testing organisations make plan, deliver and check that they provide excellence in all of these fields. The aim of this panel discussion is to get insight into the perspectives of key language testing organisations on some of the issues.

Moderator: 塩津 敏彦 久留米大学
Panellists:
スピロス・パパジョージオ Educational Testing Service (ETS)
塩崎 修健 公益財団法人 日本英語検定協会
ジェリー・ディレイニー ケンブリッジ大学英語検定機構
渡辺都子 株式会社ベネッセコーポレーション
鈴木 正紀 ピアソン
グレッグ・セルビー ブリティッシュ・カウンシル  

2014年9月30日(火)

3. “Assessing Four Skills”

This topic considers issues related to the routine inclusion of all four language skills in language education programmes across the region. positive and negative impact of assessment on teaching and learning and the implications of these on English language curricula and the learning process. While the discussion will consider the impact on the education system of this type of assessment, other more practical aspects will also be addressed.

Moderator: アンソニー(トニー)・グリーン、ベッドフォードシャー大学
Panellists:
水本 篤 関西大学
ランディー・スラッシャー 国際基督教大学
安河内 哲也 一般財団法人実用英語推進機構 
佐藤 邦明 文部科学省高等教育局国際企画室

4. “Washback”

This topic considers issues related to the positive and negative impact of assessment on teaching and learning and the implications of these on English (and other) language curricula and the learning process. Other aspects to be considered include the possible impact of university entrance examination on the curriculum and how we might use assessment to help create consist transitions between secondary and higher education.

Moderator: 渡部良典、上智大学
Panellists:
デイヴィッド・コニアム 香港教育学院
ジェシカ・ウー 言語訓練テストセンター
ランディー・スラッシャー 国際基督教大学