日英交流年「UK in JAPAN 2019-20」参加イベントは、以下の基準を満たす必要があります。

  • 原則、2019年9月~2020年9月の間に日本国内で行われる事業であること。
  • 英国の優れた文化芸術、またその革新性や卓越性を紹介するもので、強い英国のプレゼンスが認められるものであること。また、今後日英両国の文化芸術のさらなる発展や国際交流につながるものであること。
    (例:英国を拠点に活動するアーティスト・芸術団体の招へいを伴う事業、英国を拠点とするアーティストによる作品の発表・滞在制作、日英のアーティストまたは芸術団体の共同事業など。UK in JAPAN 2019-20のアート分野の主要なテーマである“ダイバーシティ&インクルージョン”、“都市とパブリックスペース”、“デジタルテクノロジー”の3つのテーマに関連するものであるとなおよい。)
  • アマチュアではなく、プロフェッショナルな主催団体による事業であり、社会的信頼のおける組織、団体、個人によるものであること。
  • 特定の主義・主張や、宗教の普及を目的としないこと。また、公序良俗に反するものでないこと。
  • 開催地の法令を遵守していること。
  • 実施が決定しており、経費に関しては主催者が一切の責任を負うこと。
  • 事業実施後、ブリティッシュ・カウンシルが定める報告書にて、事業報告書を提出すること。

注意事項

※概ね基準を満たしていても事業・イベントによっては認定されない場合もあります。
※認定後でも認定事業として相応しくない行為などが認められる場合、認定を取り消すことがあります。
※事業が中止となる場合や事業内容に変更が生じた場合はブリティッシュ・カウンシルまで速やかにお知らせください。
※認定は任意によるものであり、当該事業・イベントに伴う不測の事態に対してブリティッシュ・カウンシルが何らの法的な責任を負うものではありません。
※ロゴ使用や後援名義の表記・確認方法、UK in JAPAN 2019-20公式サイトへのイベント情報掲載などについては認定後に手順をご案内いたします。
※規定は2019年6月現在のもので、予告なく変更される場合があります。

申請方法

上記ガイドラインをご確認のうえ、こちらのオンラインフォームよりご申請ください。フォームの提出によりガイドラインに同意を得たものとします。受理後、審査のうえ認定の可否とその後の手続きについて、2週間以内にご連絡いたします。