手袋型のウェアラブルデバイスを装着して、ピアノを演奏するような仕草をしている人の写真にUK Disabled Artists Showcaseのテキスト
©

British Council Photo by Kenichi Aikawa

英国で活躍する障害のあるアーティストと作品の紹介

英国では2012年ロンドン五輪文化プログラムの一環として展開された『アンリミテッド』の後押しもあり、障害のあるアーティストが幅広い芸術分野で活躍の場を広げています。美術館・博物館、劇場・ホール、フェスティバルなど文化芸術セクター全体においても企画、運営、広報などあらゆる面で、障害のあるアーティストやスタッフ、観客のアクセスを担保するための取り組みが推進されています。

ブリティッシュ・カウンシルは、2021年の東京パラリンピック大会の開催にあわせて、『#CultureConnectsUs UK Disabled Artist Showcase』と題し、英国で活躍する障害のある5名/組のアーティストとその作品を紹介します。

英国の障害のあるアーティストが手掛けた作品や、彼らのインタビュー映像をオンラインでお楽しみください。

紹介するアーティストと作品、視聴可能期間

5名のアーティストの写真

本サイト内の関連ページ