英語スキルを的確に評価するにはどうすればいいですか?

Aptisは国際基準に基づいた英語検定試験です。下記のように活用できます:

  • 英語学習プログラムの一環として
  • 教員または生徒のトレーニングニーズを探るための手段として
  • 年度の始めや終わり、またはその途中で英語学習プログラムの効果をはかるため
  • 受験者の強みと弱みを把握するため

利点:

  • 受験者のそれぞれの状況に合わせて活用することが可能です
  • リーディング、ライティング、スピーキング及びリスニングの中から1つ、または複数のスキルを評価することが可能です
  • スピーキングとライティングは、英語学の専門家によって評価されるので、高い精度を保障します
  • 試験結果は、迅速に、かつ様々な形式で、いつでもどこでも送付することが可能です

Aptisは、柔軟で公平、信頼性のあるテストであり、教員および生徒の英語力を的確に評価できます

試験結果はCommon European Framework of Reference for Languagesという国際基準に基づいて評価されます。これにより改善が必要な分野が一目瞭然になり、それに応じて英語コースまたはトレーニングを組み立てることが出来ます。

対面型研修や、混合型研修、eラーニング、または学校や大学の学習プログラムの実施前後に行い、その評価手段として活用することが出来ます。

Aptisが、ユニークなのはなぜでしょうか?

  • 評価したいスキル(ライティング、リーディング、スピーキングとリスニング)を自由に組み合わせることができる
  • Aptisは、ブリティッシュ・カウンシルの英語学の専門家によって分析される
  • 受験者が教員なのか生徒なのかという対象に合わせて内容をカスタマイズすることが出来る
  • テストをしたそれぞれのスキルは、個人としてだけでなく、団体としての結果を受け取ることも出来る

どんな組織がAptisを活用していますか?

Aptisは、政府機関や、大学、語学学校、インターナショナルスクール、私立学校で活用されています。

関連サイト

Aptis 事例紹介: Punjab Education(英文のみ)

本サイト内の関連ページ