エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃、油彩・カンヴァス  ©

CSG CIC Glasgow Museums Collection

Date
2019年 04月 27日 (土曜日)2020年 01月 26日 (日曜日)
会場
東京、静岡、広島

産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王、ウィリアム・バレル。古今東西の芸術作品を集めたバレル・コレクションは1944年にグラスゴー市に寄贈され、1983年からグラスゴー郊外のポロック公園内で一般公開されています。今回、英国人コレクターならではの視点で収集された良質のフランス絵画を中心に、スコットランドやオランダ人画家の作品など絵画73点が、同館の改修工事を機に初来日。同市のケルヴィングローヴ美術博物館よりルノワールやゴッホの絵画7点も展示され、美術史における写実主義から印象派への流れをたどる構成の展覧会となっています。

巡回情報:
2019年4月27日(土)〜6月30日(日)Bunkamura ザ・ミュージアム
2019年8月7日(水)〜10月20日(日)静岡市美術館
2019年11月2日(土)〜2020年1月26日(日)広島県立美術館

詳細・お問い合わせ

関連サイト

Tag icon
美術, UK in JAPAN 2019-20
Category icon
「UK in JAPAN 2019-20」プログラム