IELTSの認定機関になるには

IELTSは海外留学や移住、海外での就職を目指す方のための世界基準の英語運用能力評価試験です。政府や教育機関、企業などの世界で10,000を超える機関が、IELTSのスコアを英語力判断の基準として採用しています。学生やスタッフ、候補者の英語能力を測定するために、ぜひIELTSをご活用ください。

IELTSの導入によって出来ること:

  • 基準に見合った英語能力を持つスタッフや学生を採用する。
  • 学生が海外のプログラムに参加する際に、英語スキルを評価する。
  • 世界基準の英語試験を受験することで、競争の厳しい雇用市場において際立つ存在になるための準備をする。

IELTS認定機関の優位性

IELTS認定機関になることで、ブリティッシュ・カウンシルのIELTS認定機関リストに掲載されます。それにより、数百万人ものIELTS受験者および受験を考えている方の目に留まることになり、認知度を高めることができます。掲載は無料です。

IELTSの認定機関になるためには、オンラインでお申し込みください。必要な情報を数分入力していただければ、数日後には申し込みが完了したことを私たちからお知らせします。

募集条件開示の有効性

IELTSを採用や入学資格として利用する際は、志願者向けに必要なIELTSのスコアをWebサイトや関連資料に明記されることをお勧めします。必要なスコアを明記することにより志願者の選考プロセスを効率化することができ、また、志願者が判断材料として活用することもできできるだけできます。 

ブリティッシュ・カウンシルは、IELTS認定機関として登録された教育機関や団体がWebサイト上にIELTSの公式ロゴを掲載することを許可しています。詳細は試験部(exams@britishcouncil.or.jp)までお問い合わせください。