ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン、学長

UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)に法学教授として奉職後、1991年にケンブリッジ大学Land Economy学部の教授となり、副学長を兼務。現在もクレア・カレッジのフェローである。2003年にUCLの学長に任命され、2013年9月までの10年間同職を務めている。

現在、医療改革の動きの中で設立された独立機関であるNHSイングランドの会長として、NHSの予算を戦略的に管理・投資し、イングランド医療サービスの長期的な改善を目指している。

また、British Business Ambassador、大学助成委員会(香港)委員、高等教育基金委員会委員、ロンドンビジネススクール学長、Council for the Assistance of Academic refugees (CARA)の会長などの職を兼務している。さらに、環境、計画、財産法を専門とする弁護士でもある。

 

本サイト内の関連ページ