By 英会話スクールチーム

2021年 06月 09日 11:00

マインクラフトで英語学習!春休み英語プログラム

ブリティッシュ・カウンシル英会話スクールの子ども向け英語コース(小学生~高校生対象)では、2021年春休みに初めてオープンゲーム「マインクラフト」を使った短期英語プログラムを開講しました。この企画開発を行った講師のNick WestonとDavid Lynchが、実際のレッスンを通じて発見したこととは? レポートをご紹介します。
※原文(英語)は日本語に続きます。日本語文は一部意訳を含みます。

語学講師として、私たちはいつも受講生のエンゲージメントを創出し、受講生のコミュニケーションを促進するための大胆でイノベーティブな方法を探しています。昨年はさらに、物理的また加速するデジタル技術をいかに教室レッスンに取り入れていくか、大きな変化がもたらされた一年でした。

ここ東京のブリティッシュ・カウンシルでは、英語学習を発展・促進させる技術ツールが数々取り込まれてきましたが、中でも際立っていたのは、教育版マインクラフト(Minecraft: Education Edition)の活用でした。知らない方に説明すると、マインクラフトとは、世界を構築することのできるオープンな仮想空間で、無限の創造的な可能性に満ちています。仮想レゴのようなものを想像してみてください。

マインクラフトで英語学習!春休み英語プログラム

英語コースの基礎として、マインクラフトを使うことは、英語学習にまだ興味を示していない学生にも、英語スキルの習得に興味を持ってもらうポテンシャルが非常に高いとわかりました。というのも、マインクラフトは、学習者同士のコミュニケーションとコラボレーションを促進し、創造性を刺激し、言語使用を目的にしたより明確なコンテキストの作成を可能にするからです。先の春休み、マインクラフトを子ども向け英語コースの中核に据えたことで、英語学習に消極的だった学生とつながる機会を作り出すこともできました。実際、一部の保護者からは、子どもが英語学校に通ったのは初めてだという声もありました。

「(子どもは)クラスメイトと一緒にマインクラフトでバースデイケーキを作りながら、料理に関する英語のフレーズを使用していました。創作プロセスの中で、自然に英語で会話できていたのは良かったと思います」(保護者)

コースを通じて、受講生たちは熱心に自分の作品を共有し、コミュニケーションの方法を自然に見つけていきました。また、マインクラフトを使って街の建物を作ったり、森林破壊がバイオームに及ぼす影響をシミュレートして抽象的なアイディアを仮想インスタレーションで表現するのを見るのは新鮮な驚きでもありました。

今日の教育において顕著な21世紀スキルのひとつが、デジタルリテラシーです。日本の学校では、プログラミングは必修科目となり、また子どもにも人気なトピックです。「プログラミングは小学校で必修科目なので、春休みにマインクラフトを学ぶ良い機会だと思いました。家でもマインクラフトで遊んでいるので、子どもにとっても良いきっかけとなりました」(保護者) 

コースを通じてまた、受講生は自分のスキルを向上し、共有することができました。マインクラフトの初心者、経験者が同じクラスにいることで、受講生同士で教えあうピアティーチング・ピアラーニングのプラットフォームが自然に出来ていたのです。また、マインクラフト、英語、森林破壊やSDGs(持続可能な開発目標)などのトピック、それぞれ異なる関心を持つ学習者が交わりあうことへの驚きもありました。 

全体として受講生や保護者からのフィードバックは前向きなものが多く、英語の学習環境でこのソフトウェアの可能性を最大限に引き出し始めることができたと感じています。今後は、このプログラムを通してブリティッシュ・カウンシルの他国で学ぶ受講生ともつながる機会を増やし、彼らがどのように課題に取り組んでいくのかを知ることも興味深いです。私たちは、このプログラムが持つ将来の新しい可能性にわくわくしています。

【2021年夏休み英語コース詳細】

 

(原文)Block by Block: Building English skills with Minecraft

As language teachers, we are always looking for bold and innovative ways to create engagement and facilitate communication for our learners. Last year marked a drastic change in how technology can be integrated into our classrooms be they physical or increasingly digital.

In Tokyo, we looked at many technological tools that could develop and facilitate language learning. One that really stood out was Minecraft: Education Edition. For those unaware, Minecraft is an open virtual environment inw hich you build a world, with endless creative possibilities – think of it like virtual Lego.

We recognised that there was a great deal of potential for using Minecraft as the basis for a language course to reach out to students who may not necessarily study English. It could facilitate communication, creativity, and collaboration, and create clearer contexts for language use.

Using Minecraft as the core of the course allowed us to create opportunities to connect with students who would have otherwise been reluctant to study English. Some parents said that it was in fact the first time their children had attended English school. 

Throughout the course, students were enthusiastically sharing their creations and finding ways to communicate: '[my child] naturally used English phrases about cooking while making a birthday cake in Minecraft with classmates. It was good that they were having English conversations naturally during the creation process.'

It was amazing to see the students’ creations as they made buildings for towns, simulated the effects of deforestation on a biome and virtual art installations representing abstract ideas.

One of the more prominent 21st century skills in education nowadays is digital literacy. In Japanese schools, coding has recently become a compulsory subject and is a popular topic for young learners. A parent said 'programming is a mandatory subject in school, so I thought it was a good opportunity to learn Minecraft this holiday. He [the student] plays Minecraft at home, so it was a good trigger for him.’

Students were able to develop and share their skills – having a mix of novice and experienced Minecraft users really gave a platform for peer teaching and learning. There was a surprising cross section of learners who came for Minecraft, English and because of their interest in the topics, which included deforestation and Sustainable Development Goals.

Feedback from students and parents was universally positive, and we feel we’ve only began to mine the full potential of the software in an English learning environment. We are excited about what the future holds and look forward to creating more opportunities for us to connect with students across the world and see what they can build.