2010年 09月 30日 (木曜日)

障害のあるアーティストの創造性溢れる活動を支援
2012年ロンドン・オリンピック・パラリンピック大会関連文化プログラム

英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(東京センター: 東京都新宿区、駐日代表: ジェイスン・ジェイムズ)は、2012年ロンドン・オリンピック・パラリンピック大会(以下、ロンドン五輪)を機に、英国や世界各国の障害のあるアーティストの創造性溢れる活動を支援するプログラム 「アンリミテッド(Unlimited)」 を、関係パートナーと協働で展開します。日本では、日英の障害のあるアーティストによる国際共同制作の実現を支援します。

アンリミテッドは、英国内、または英国と世界各国の障害のあるアーティストの協働による、質の高いアート作品の制作を支援し、育成プログラムのほか、世界各地でその作品を発表する機会を提供するプログラムです。以下4つのプログラムを柱に展開されます。

1. アンリミテッド・コミッション (Unlimited Commissions) (以下、UC)
障害のあるアーティストの新作制作を助成するプログラム。助成対象は合計約30作品で、2010年から2011年にかけて3回に分けて募集します。英国内で活動するアーティストを対象にした第1次募集(2010年1月4日締切)では10作品が選定されました。第2次募集(2010年10月1日締切)、3次募集(2011年4月18日締切)では、日本を含む諸外国のアーティストと英国のアーティストとのコラボレーション作品も対象となります。

2. アンリミテッド・タレント (Unlimited Talent) (以下、UT)
UCの助成を受けることになった英国内外のアーティストを対象とした育成プログラム。アーティストやプロデューサー、フェスティバル主催者などから、作品を作る上でのアドバイスやトレーニングを受ける機会を提供します。

3. アンリミテッド・プレゼンツ (Unlimited Presents) (以下、UP)
UC の助成により制作された作品が、カルチュラル・オリンピアードのフィナーレを飾る「ロンドン2012フェスティバル」や、英国各地の劇場やフェスティバルなどで上演されるよう支援します。

4. アンリミテッド・インターナショナル (Unlimited International)
UC、UT を通じて、英国とその他の国の障害のあるアーティストが協働し、それぞれの文化について学び交流することを支援するほか、UP の一環として、世界各国で新しい作品が上演されることを支援します。英国と諸外国のアート組織との間での対話を広げ、アートやスポーツ、社会全般の中で障害のある方の直面している課題について探っていきます。日本をはじめ、インド、クロアチア、コロンビア、スリ ランカ、中国、ドイツ、ニュージーランド、ブラジル、ベネズエラ、南アフリカ、メキシコの計12か国が参加します。

アンリミテッドは、ロンドン五輪の文化プログラムである 「カルチュラル・オリンピアード (Cultural Olympiad)」 の主要プログラムのひとつです。ロンドン・オリンピック・パラリンピック組織委員会、アーツ・カウンシル・イングランド、クリエイティブ・スコットランド、アーツ・カウンシル・オブ・ノーザン・アイルランド、アーツ・カウンシル・オブ・ウェールズ、ブリティッシュ・カウンシルとのパートナーシップにより運営されています。

<日本では国際共同制作の実現を支援>
日本では、日英の障害のあるアーティストによる国際共同制作の実現を支援します。UC への応募のアドバイスの提供や、国際共同制作の実現をサポートするとともに、作品が英国だけでなく日本でも上演されるよう働きかけていきます。アート関係者だけでなく一般にも広く周知し、アートやスポーツの現場、社会全体の中で、障害のある方々が直面している問題や課題について議論を深め、多様で平等な社会の提唱を目指します。

<アンリミテッドコミッション第一次募集で南村千里さんの参加作品が選出>
UC 第1次募集で、ロンドンで活動する、聴覚障害のある日本人ダンサー南村千里さんが参加する 「ザ・ガーデン (The Garden)」 が助成対象に選出されました。ザ・ガーデンは英国の障害のある方の劇団 「グレイアイ・シアター・カンパニー (Graeae Theatre Company)」 による作品です。2010年6月、「グリニッジ+ドックランドインターナショナル フェスティバル2010」 で公演され、今後は形式を変えて再上演の予定です。

<ご参考資料>

■ ブリティッシュ・カウンシルによる障害のあるアーティストとの活動
ブリティッシュ・カウンシルは世界各国で、機会均等と多様性を反映した活動に取り組んでいます。日本では主にアーツの分野で障害のあるアーティストの活動を支援する活動を行っています。主な過去の活動は下記の通りです。

  • 英国「ストップギャップ・ダンスカンパニー」による各種イベント開催
    「ストップギャップ・ダンスカンパニー」 (以下、SG) は、学習障害や身体障害のある人もメンバーとして参加する、英国を代表するダンスカンパニーです。2009年3月、東京にて、ダンスアーティストなどを対象に、SG による実践的なワークショップ、フォーラム、デモンストレーションを開催しました。フォーラムでは地域に向けた幅広い活動や芸術の社会的意義、作品のクオリティなどについて、SG のメンバーが日本の専門家とともに語り合いました。これらのイベントは、ブリティッシュ・カウンシルと NPO 法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク (JCDN) の共催で、2008年7月から2009年3月まで日本各地で展開した 「Dance Life Festival 2008」 の一環として行われました。
  • グレイアイ・シアター・カンパニーのディレクターによるセミナー
    2009年12月、エイブル・アート・ジャパン、明治安田生命と共催で、グレイアイ・シアター・カンパニー (下記参照) のアーテイスティック・ディレクター、ジェニー・シーレイ (Jenny Sealey) を 迎え、レクチャーと演出家向けのワークショップを開催しました。 グレイアイ・シアター・カンパニーザ・ガーデン

■ グレイアイ・シアター・カンパニーについて
グレイアイ・シアター・カンパニーは、身体障害のある劇団俳優、脚本家、演出家などと作品を制作する英国を代表する劇団です。制作された作品は、障害のある なしに関わらず、幅広い観客が楽しめるものとなっています。1997年よりアーティ スティック・ディレクター、ジェニー・シーレイが組織を率いています。

■ 南村千里さんについて
生後7ヶ月目に聴力を失った振付家、ダンサー、ダンス講師。1999年にロンドンのラバンでダンスを学び、2003年横浜国立大学大学院修士課程修了。2003年に英国に再渡英。2003年から2006年末まで、英国の CandoCo Dance Company のダンサー・指導者として参加。アジア、アフリカ、欧米など15カ国35 都市以上で公演、ワークショップを実施。現在、フリーランスアーティストとして、ロンドンを拠点に活動中。2010年11月上旬から1月半ばまで日本に滞在予定。
ウェブサイト: http://chisato.h-and-c.jp/index.html

■ ブリティッシュ・カウンシルのオリンピックに向けた取り組み
ブリティッシュ・カウンシルは、2012年ロンドン・オリンピック・パラリンピック大会は、英国と世界の人々との間の理解と絆を深める、大変貴重な機会であると考えています。他の組織とのパートナーシップにより、主に教育とアーツの分野における経験と専門知識を活かした活動を推進しています。

■ 「カルチュラル・オリンピアード」について
カルチュラル・オリンピアード (Cultural Olympiad) は、2012年ロンドン・オリンピック・パラリンピック大会 (以下、ロンドン五輪) の文化芸術プログラムで、近代オリンピック・パラリンピック関連活動において史上最大規模の文化祭典です。北京オリンピック・パラリンピック大会終了後の2008年9月より2012年までの4年間、英国在住の全ての人、特に若者の間で、ロンドン五輪に関わる機会を与え、あらゆる文化の形を通して創造性を喚起することを目指します。既に、ロンドン五輪に関連するスポーツ、文化、教育、環境、ボランティア、ビジネスの様々な分野での非営利団体による活動 「Inspire programme (インスパイアー・プログラム)」 と、ロンドン五輪開催2年前イベント 「Open Weekend (オープン・ウィークエンド)」 を通じて、何百万人もの人が関わっています。フィナーレとして、2012年夏の12週間、英国全土で祭典が行われ、世界各国から一流アーティストが一堂に会します。

カルチュラル・オリンピアードは、英国の宝くじ (National Lottery) の収益を基にした助成1,660万ポンドのほか、レガシー・トラスト UK (Legacy Trust UK: ロンドン五輪に向け地域活性化を支援する英国の非営利団体)、アーツ・カウンシル・イングランド (イングランドにおける公的な芸術支援機関) などの助成を受けて運営されます。ブリティッシュ・カウンシルは、関連プロジェクトの国際的な展開に対して、計300万ポンドを投じます。BP 社と BT 社はプレミア・パートナー、パナソニック社は 「Film Nation: Shorts」 のパートナーです。
ウェブサイト: http://www.london2012.com/culture

以上

本サイト内の関連ページ

関連サイト