常陽銀行、水戸市連携プロジェクト UK Design for the Revitalisation of Ibaraki

2016年 11月 11日 (金曜日)

【プレスリリース】

常陽銀行及び水戸市との連携によるプロジェクト
「UK Design for the Revitalisation of Ibaraki」について

英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(所在地:東京都新宿区、駐日代表:マット・バーニー)は、この度、常陽銀行(本店所在地:茨城県水戸市、頭取:寺門一義)および水戸市(市長:高橋靖)と、英国の大学等の高等教育機関で学ぶ学生が創り出すデザインを通して茨城県内の企業が製造する製品のブランド化を促進するプロジェクト「UK Design for the Revitalisation of Ibaraki」(以下、本プロジェクト)の実施に関して、覚書を締結しましたので、お知らせいたします。

本プロジェクトは、常陽銀行が中心となり水戸市の賛同を得て推進するものです。国際競争が厳しい分野や技術的に成熟した分野において、英国発デザインを通じて製品の付加価値を向上させることを目的としています。また、英国の複数の大学等と連携して実施するコンペティションを勝ち抜いた学生を県内に招聘し、一週間程度の滞在中にデザインを通して茨城県を知ってもらい、「民間の伝道士」として英国内で情報発信をしてもらいます。以上二つの側面に照準を当て、英国の大学等に通う学生と協力して、地元中小企業の製品・パッケージ等のデザインの策定およびインバウンド振興を行うものです。

ブリティッシュ・カウンシルは、英国の大学等と連携し、それらの教育機関でデザインを学んでいる学生がコンペティションに積極的に参加できるよう支援を提供します。そして、この機会を通じて、学生たちが日本・茨城県の地域産業・ビジネスと協働し、同地域の文化や経済に対する理解を深める機会を創出します。

ブリティッシュ・カウンシルは、今後とも、豊かな社会の創造を目指し、日英両国間の知識交流、人材交流の促進に貢献してまいります。