IELTS(アイエルツ)

IELTS(アイエルツ)とは

International English Language testing system(IELTS:アイエルツ)は、国際的に高い評価を得ている英語運用能力評価試験です。2013年度は220万人が受験しました。

IELTSとは?

IELTS(アイエルツ:International English language testing system)は、世界最大級の受験者数を誇る英語運用能力評価試験です。留学・海外移住を実現させるため、年間220万人の受験者がIELTSを受験しています。

留学、海外での就職、移住などの際に英語力を証明するための試験として、IELTSは世界各国9,000以上の機関に採用されています。IELTSは、移住ビザを申請するにあたり英語力を証明する必要がある国で採用されている試験です。

IELTSは、英語の環境で、授業についていく、または仕事や生活をしていく英語力がどの程度あるかを測るために考案されました。所要時間は3時間以内で、4つの英語能力(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)が総合的に測られます。

また、IELTSのスピーキング・テストは、トレーニングを受けた認定試験官と1対1の面接形式で行われ、受験者のコミュニケーション能力が試されます。英語評価における世界有数の専門家により開発されたIELTSは、受験者の英語力を公正に評価することのできる試験です。

IELTSを選ぶ理由

ブリティッシュ・カウンシルには75年以上にわたり、世界の130ヵ国以上で英語を教え、試験を実施してきた経験があります。トップクラスの質の試験をご提供できるとお約束します。

IELTSは過去20年間で数百万人に受験されてきました。IELTSが選ばれた理由は数多くありますが、以下にその一部を紹介します。

  • 専門のサポート: 受験者は必要なスコアを取得するために、自分に適した教材(動画、書籍、オンライン練習問題など)を活用し、試験に備えることができます。
  • 試験日やテスト会場が選びやすい: IELTSの試験は日本全国13都市で実施されています。年間の試験実施予定日は36日以上あります。
  • 申し込みが簡単: 試験はオンラインでお申し込みいただけます。また、支払い方法は複数からお選びいただけます。
  • 短期間で結果が出る: 筆記試験から13日目には、オンラインで結果をご確認いただけます。

IELTS奨学金2014 -Success starts with IELTS-

IELTS奨学金制度は、日本人の更なる国際化と文化・教育分野での交流促進、個々の受験生が抱いている夢の実現の援助を目的として設立されました。2014年度もIELTS Study UK奨学金、IELTS北米奨学金を支給いたします。IELTSで、未来への扉を開いてください。

詳しくはIELTS(アイエルツ)奨学金のページをご確認ください。

教育機関の皆様へ

IELTSは団体受験にも対応しております。
お問い合わせ:公益財団法人日本英語検定協会 support-kokusai@eiken.or.jp

試験対策

ブリティッシュ・カウンシルでは、IELTSの無料練習問題や無料英語学習教材をご用意しています。試験対策としてぜひ活用してください。

1. 「Road to IELTS」-IELTSの無料オンライントレーニングエリア(約10時間のオンライン学習)

「Road to IELTS」は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの試験対策のための自主学習用オンライン情報源として、大勢のIELTS受験者にご利用いただいています。このサイトには以下の教材が含まれています。

  • 練習問題
  • サンプル問題
  • 試験アドバイス

IELTSオンライントレーニングエリア

2.その他のオンライン試験対策教材

IELTS(アイエルツ)リスニング対策

IELTS(アイエルツ)スピーキング対策

3. 無料 英語学習サイト「LearnEnglish」

LearnEnglishはブリティッシュ・カウンシルが提供する無料英語学習サイトです。Podcastなどのリスニング教材をはじめ、IELTS試験対策や携帯電話用のアプリケーションなど様々な英語学習教材を無料で提供しています。

  • ビデオ教材
  • Podcast
  • 文法・ボキャブラリーのチュートリアル
  • ビジネス関連の英語教材や記事
  • ゲーム
  • IELTS試験アドバイス
  • オンラインコミュニティ

英語学習サイト「LearnEnglish」はIELTS試験対策の一環として効果的です。このサイトで学習することにより、一層自信を持って試験に臨めるようになるでしょう。

4. ブリティッシュ・カウンシルのIELTS(アイエルツ)対策コース

ブリティッシュ・カウンシルでは、IELTSに関して豊富な知識をもち、経験豊かな講師陣による試験対策コースを多数ご用意しています。試験対策コースについて

お申し込み

日本でのIELTSへの申し込みは、日本英語検定協会のホームページからインターネットで簡単に行っていただけます。また、郵送でもお申し込みいただけます。

受験のお申し込み手順

  1. 受験するテストのタイプを決める
    IELTSにはアカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2つの種類があります。
    どちらのモジュールを受験する必要があるかは、IELTS テスト内容のウェブサイトをお読みいただきご確認ください。
  2. 試験日を選ぶ
    テスト会場と試験日については、日本英語検定協会のホームページでご確認ください。
    どのテスト会場についても定員に限りがありますので、受験予定日の2ヵ月前には受験申し込みを済まされることをお勧めいたします。ただし、2ヵ月前を過ぎても定員に余裕がある場合もございます。最新のお申し込み状況については、オンライン登録サイトにログインしてご確認ください。

    注意事項:リスニング、リーディング、ライティングの3つの筆記試験は同じ日に実施されます。スピーキング・テストは、同日に実施されることもあれば、筆記試験の前後6日以内に行われることもあります。スピーキング・テストの日時は受験票でご確認ください。

  3. 必要書類を用意する
    提出が必要な書類については、日本英語検定協会のホームページでご確認ください。
    必要書類はすべて日本英語検定協会にお送りください。
  4. 受験料の支払い方法を選ぶ
    支払い先は日本英語検定協会となります。
    詳しくは、日本英語検定協会のホームページをご覧ください。

    成績証明書(Test Report Form)

    注意事項:大学などの教育機関へテスト結果の送付を希望される場合は(最大5通まで)、オンライン申込受験登録の該当個所に必要事項を入力してください。
  5. 申し込み後
    試験日の2週間前に、試験会場と試験時間が記載された受験票が送られます。 

特別措置が必要な方への対応

IELTSはどのような方の英語力も公正に評価できるように開発されています。私たちは、受験を希望するすべての方にIELTSを受けていただけるよう、障がいのある方には特別措置を実施しております。
詳しくは特別措置が必要な方への対応をご覧ください。

キャンセル、払い戻し、変更

受験料の払い戻しや、試験日・受験都市の変更を希望される方は、日本英語検定協会のホームページをご参照ください。

試験結果

IELTSのテスト結果は、筆記試験日から13日目に発行され、受験者の方に郵送されます。

テスト結果は郵送とオンラインで通知

IELTSの成績証明書(Test Report Form)は、筆記試験日から13日目に発行され、郵送されます。電話やEメール、ファックスでテスト結果をお知らせすることはできません。

日本英語検定協会でIELTSを申し込んだ受験者は、筆記試験日から13日目の19時以降より、日本英語検定協会の「オンライン試験結果表示サービス」でご自身のテスト結果をご確認いただくことができます。

成績証明書(Test Report Form; TRF) 

  • 成績証明書(Test Report Form)は受験者本人宛には1通のみ郵送されます。受験者本人宛に再発行することはできません。
  • 大学や移民局など希望される提出機関へは、追加で成績証明書の原本を郵送いたします。詳しくは、日本英語検定協会のウェブサイトをご覧ください。ご希望の提出機関へは、日本英語検定協会から成績証明書が発送されます。
  • IELTSを採用・入学資格として利用する機関は、「オンライン成績認証サービス」で受験者のスコアを確認することができます。その際、受験者の成績証明書番号(Test Report Form number)が必要となります。
  • 成績証明書の発行日より2年間は、受験したテストセンターに成績証明書の追加発行を申請いただくことができます。
  • 通常、教育機関などが発行日より2年以上経過した成績証明書を受理することはありません。ただし、受験後も英語力を維持・向上させている証拠を提出する場合は、この限りではありません。

IELTSバンドスコアの見方

IELTSはあらゆるレベルの英語能力を評価できるよう開発されています。合格・不合格はありません。テスト結果は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのパートごとに、1から9までのバンドスコアで示されます。IELTSバンドスコアについて詳しくは、日本英語検定協会のオーバーオール・バンド・スコア(バンドスコアの解釈について)(PDF 778KB)をご覧ください。

IELTSのスコアとヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)がどのように対応しているかについては、こちらの英文サイトをご覧ください。

試験結果に関するお問い合わせ

試験結果に疑問がある場合、再採点(Enquiry on Results=EOR)」を申請することができます。申し込み受付期間は試験日から6週間以内となります。どのパートの再採点を希望するかは、自分で指定することが可能です。このサービスは有料ですが、再採点の結果、スコアが上がった場合には返金されます。再採点の結果が出るまでには、最長で10週間かかることがあります。詳しくは日本英語検定協会までお問い合わせください。

IELTSの再受験はできますか?

受験回数に制限はありませんが、十分に準備をしてから再受験されることをお勧めいたします。さらなる学習を積まずに再受験をしても、スコアが伸びることは少ないという調査結果も出ています。