©

Chris Parkes Photography

Date
2021年 03月 01日 (月曜日)2021年 03月 22日 (月曜日)

 ~障害者のある人とともにダンスをする上でのインクルーシブなアプローチとは?~

ストップギャップ・ダンス・カンパニーは英国を拠点に、障害のある・なしを越え新しい舞台の創造に取り組むダンスカンパニーです。人々の勇気やもろさ、さまざまな人間模様を描き出す詩的でエモーショナルな作品は英国内外で注目を集めてきました。障害のある次世代のアーティストの育成やアウトリーチ事業など、誰もがダンスを楽しめる環境づくりや人々の既成概念を取り除くことに努めてきた彼らの精神は、社会教育の現場でも高く評価されています。このたびブリティッシュ・カウンシルと川崎市は、ストップギャップ・ダンス・カンパニーで長らく人材育成に携わってきた、ローラ・ジョーンズを講師に迎え、障害のある人とともにダンスを行う上でのアプローチの仕方や、障害のある・なしを超えてインクルーシブなダンスのワークショップをファシリテートする上で必要となる知識やスキルについて共有する、4回シリーズの入門編オンライン・トレーニングを実施します。

【開催概要】

  • 3月1日(月)19:00-21:00
    「インクルーシブなアプロ―チとは?」
    障害のある人にダンスを教える上でオープンな言語の使い方とソーシャルモデルの考え方を学ぶ
  • 3月8日(月)19:00-21:00 
    「車椅子やツールを使用している障害者の方にダンスを教える方法とは?」
    伝統的なダンスのステップを翻訳し個々人にあわせたダンススキルを開発するための手法を学ぶ
  • 3月15日(月)19:00-21:00
    「学習障害のある人々にダンスを教える方法とは?」
    学習障害のある人々と一緒にダンスのテクニックを開発するためのゲームやエクササイズのアイデアや、ダンスクラスでの小道具の使い方、ダンスを通した創造性を促す方法について学ぶ
  • 3月22日(月)19:00-21:00
    「インクルーシブなアプローチ ~創造的な違い~」
    障害のある・なしを超えて、多様なグループにダンスを教える上でバランスを見つける方法を学ぶ

主催:ブリティッシュ・カウンシル / 川崎市
講師:ローラ・ジョーンズ(ストップギャップ・ダンス・カンパニー 人材開発部長)ほか
対象:15名(ダンサー、ダンス講師、ダンス・ファシリテーターなどで、障害のある人々を対象にしたダンスワークショップの実施に関心のある方。ご自身のダンスのジャンルは問いません。)*必須ではありませんが、なるべく全ての回を通しで参加いただける方のご参加を優先します。
申し込み方法:本イベントは定員に達したため、申し込み受付を終了しました。
参加費:無料 *先着順、日英逐次通訳つき
使用プラットフォーム:Zoomミーティング(事前に参加URLをお送りします)

【講師プロフィール】
ローラ・ジョーンズ
ストップギャップ・ダンス・カンパニー 人材開発部長
2001年にストップギャップ・ダンス・カンパニーに参加以降、カンパニーの発展において中核的な役割を担い、ダンスと障害の分野を牽引する一人として活躍している。リンダ・バトラー・スクール・オブ・ダンスにてダンサーとしてのトレーニングを開始後、1998年に脊椎損傷を負ったローラは車椅子使用者として初めてAレベルのダンス・シラバスをすべて修了。それ以降、稲尾芳文、キャロライン・ボウディッチ、トーマス・ノーン、ロブ・タニオン、アダム・ベンジャミンなど、多くの振付家による国内外でのツアーに参加するほか、年齢や障害など多様なバックグラウンドの人々を対象に、ダンスの指導も数多く行ってきた。2012年ロンドン・パラリンピック競技大会の開会式の際には、ダンス部門のキャプテンを務め、すべての振り付け、3500人のボランティアへの指導を行ったほか、式典でのパフォーマンスをサポートした。2016年、18年には、産休中のルーシー・ベネットに代わり、ストップギャップ・ダンス・カンパニーの暫定アーティスティック・ディレクターを務め、2017年には人材開発部長に就任した。

ストップギャップ ダンスカンパニー
イングランドを拠点に、障害のある・なしを越え、参加するアーティストが一丸となって新しい舞台の創造に取り組むダンスカンパニー。芸術監督のルーシー・ベネットを中心とする多彩なクリエイティブスタッフとダンサーによって生まれる新しい発見の数々。人々の勇気やもろさ、さまざまな人間模様が巻き起こす詩的でエモーショナルな作品はイギリス全土で旋風を巻き起こしてきた。未来のアーティストたちの育成やアウトリーチ事業など、誰もがダンスを楽しめる環境づくりや人々の既成概念を取り除くことに努めてきた彼らのパイオニア精神は、社会教育の現場でも高く評価されている。

関連サイト

Tag icon
演劇、ダンス, UK in JAPAN
Category icon
「UK in JAPAN」プログラム