Philharmonia_Orchestra_widestrings ©

benjamin_ealovega

Date
2020年 01月 23日 (木曜日)2020年 01月 29日 (水曜日)

英国の名門オーケストラ、フィルハーモニア管弦楽団。指揮者・作曲家エサ=ペッカ・サロネンとの12年間の協働の集大成となるコンサートを日本で開催します。2008年から首席指揮者・芸術顧問を務めるサロネンのもと、ヴァイオリニストにパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール史上最年少優勝の庄司紗矢香、チェリストにノルウェーの至宝トゥルルス・モルクを迎え、ラヴェルの組曲『クープランの墓』、ストラヴィンスキー『春の祭典』、マーラー『交響曲第9番 ニ長調』など必聴のラインナップを披露。

※来日公演に合わせて、同楽団の先進的な取り組みであるデジタル・プログラム「VRサウンド・ステージTokyo マーラー / 交響曲第3番」および「Tokyo Music Evening “Yūbe” with Philharmonia」も東京で開催されます。

日程・会場:
2020年1月23日(木)、2020年1月28日(火)、2020年1月29日(水) 
東京芸術劇場 コンサートホール
詳細・お問い合わせ 

2020年1月24日(金)
東京文化会館 大ホール
詳細・お問い合わせ

2020年1月25日(土) 
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 
詳細・お問い合わせ 

※会場や日程により、出演者、曲目等が異なりますので、「詳細・お問い合わせ」をご確認ください。

関連サイト

Tag icon
音楽, UK in JAPAN 2019-20
Category icon
「UK in JAPAN 2019-20」プログラム