Date
2019年 09月 10日 (火曜日)2020年 06月 21日 (日曜日)
会場
東京、愛知、兵庫

英国における印象派・ポスト印象派の殿堂として知られるロンドンのコートールド美術館。その所蔵作品約60点が来日します。英国の実業家だった創設者サミュエル・コートールドは、1920年代のフランス近代絵画を中心に卓越した審美眼で精力的に収集活動を行い、1932年、ロンドン大学に創設された美術研究所にコレクションを寄贈。コートールド美術館はその展示施設として誕生します。本展はその研究機関としての側面にも注目し、美術史研究・調査の成果を踏まえて作品を読解。マネ最晩年の傑作『フォリー=ベルジェールのバー』をはじめ、ルノワール、セザンヌ、ゴーガンなど、絵画・彫刻の名作との豊かな対話を楽しめます。

巡回情報:
2019年9月10日(火)〜12月15日(日)東京都美術館
2020年1月3日(金)〜3月15日(日)愛知県美術館
2020年3月28日(土)〜6月21日(日)神戸市立博物館

詳細・お問い合わせ

関連サイト

Tag icon
美術
Category icon
「UK in JAPAN 2019-20」プログラム