日英高等教育機関が牽引する産学連携モデルを模索

The importance of collaboration between the higher education sector and businesses around the world is increasingly recognised in both Japan and the UK, two of the world’s major knowledge economies. In both countries, higher education institutions are facing calls to play a more central role in the economy and in the wider society, as well as to equip graduates for a global marketplace. However, they have so far had to rely on their own resources and international connections in order to set up partnerships with overseas companies.

The British Embassy and British Council in Tokyo hosted a symposium on UK-Japan university-industry partnerships at the British Embassy Tokyo on 10–11 January 2012 to address these issues. The symposium included presentations from around 40 representatives from academia, industry and government in both Japan and the UK. Presenters looked at issues such as policy and support mechanisms in each country, various forms of university-industry collaboration, the role of intellectual property and the nature of successful partnerships, including cultural backgrounds affecting partnerships. The presentations and ensuing discussions proposed some models for international university-industry collaboration that would enhance knowledge and technology transfer between the UK and Japan.

Further details can be found in the summary report of the symposium, and each presentation. (N.B. Not all presenters agreed to share their presentations, and so those available on this site do not represent the full content of the symposium).

世界の主要知識経済国である日英両国では、世界における産学連携の重要性が前にも増して認識されてきています。経済、そしてより広範囲の社会で、両国の高等教育機関はもっと中心的な役割を果たし、グローバル市場に備えた能力を学生に身に付けさせるよう求める世間の声に直面しています。しかしながら、高等教育機関は従来、海外の企業とパートナーシップを構築するために、各々のリソースと国際的な繋がりに頼らざるを得ない状況でした。

駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルでは、2012年1月10日(火)、11日(水)の両日、英国大使館において、日英の産学間パートナーシップに関する【日英産学連携構築シンポジウム~大学が中心となって構築するサクセス・モデルを求めて~】を共催しました。

シンポジウムでは、約40名もの日英の産学官の代表者が登壇し、政策、各国における支援メカニズム、産学連携のさまざまな形、知的財産の役割、成功するパートナーシップのタイプ、そしてパートナーシップに影響を与える文化的背景について発表、意見交換をしました。その結果、日英間の知識・技術移転がさらに強化され、国際的な産学連携にとって効果的なモデルの可能性がいくつか提案されました。

詳細については、シンポジウムの要旨レポート(下記PDF)ならびに発表資料をご参照ください。(なお、掲載に同意された発表者の資料のみ掲載しております。あらかじめご了承ください。)

本サイト内の関連ページ