フォーラム「グローバル時代における高等教育リーダーシップの課題:東アジアの経験」要旨報告書

2013年1月15日から16日にかけて、フォーラム「グローバル時代における高等教育リーダーシップの課題:東アジアの経験」を開催いたしました。日本、英国、及び東アジア各国の高等教育セクターにおけるリーダーの方々、また政策立案者の方々、約80名をお迎えして行った本フォーラム。ブリティッシュ・カウンシル主催によるフォーラムシリーズ「グローバル社会における高等教育の未来」(Global Education Dialogues: The Asia Series)の一部として開催されました。

近年のグローバル化の中で、大学のリーダたちはこれまでになかった課題に直面しています。本フォーラムでは、今日のアジアの高等教育におけるリーダーシップの意味や役割を考察し、組織のあらゆるレベルにおいてリーダーシップが発揮されるには何が必要かという問題を検討しました。さらに、英国と、日本を含む東アジアにおける文化的コンテクスト、ガバナンス体制の違いに対する理解を深めるだけでなく、共通点およびそれぞれの特長について検討しました。

以下、本フォーラムの報告書(英文)、及び日本語の要旨報告書を掲載いたしますので、広くご活用ください。