英国の事例から学ぶ、日本型ギャップイヤーとは?

2012年6月4日(月)、明治大学アカデミーコモンにおいて、明治大学国際教育研究所、ブリティッシュ・カウンシル主催によるシンポジウム「日本におけるギャップイヤーの可能性」を開催。産官学界から110名の方々にご参加いただきました。グローバル人材ニーズの高まりや、大学による秋入学検討の開始などを背景に、近年、日本でもギャップタームについて注目が集まっています。この動向をふまえ、本シンポジウムは、長きにわたってギャップイヤーの慣行が存在する英国の事例の紹介を通して、日本におけるギャップイヤー導入の可能性と課題を探ることを目的に開催されました。

2012年6月4日(月)14時~17時
シンポジウム「日本におけるギャップイヤーの可能性」
【主催】 明治大学国際教育研究所、ブリティッシュ・カウンシル
【共催】 株式会社エスティーエートラベル、明治大学国際連携本部
【協力】 日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)、公益財団法人日本英語検定協会

以下、当日のプログラム、本シンポジウムの要旨、および各発表資料をご紹介いたします。

関連サイト