●調査概要
調査A「スピーキング指導に関する実態調査」(2019年10月-11月実施)
調査対象:公立中学校の英語教師173名
調査方法:質問紙調査 無記名

1. 即興的なスピーキング活動を「実施する」のは6割以上で、授業改善が進んでいる傾向が明らかに(図1)

  • 「即興的なスピーキング活動を実施する」(よく、時々の合計)は64%で、過半数がやり取りの指導を実施している。
  • 全国学力・学習状況調査では、やり取りが出題されており、生徒全員に学習機会が提供されるよう指導改善が急がれる。
  • 2015年に実施された調査(*1)で、「即興で自分のことや気持ちや考えを英語で話す」活動を、「よく行う」「時々行う」と回答した教師は合計43%であった。この数値を参考にすると、授業改善は進んでいると判断される。

*1 ベネッセ教育総合研究所(2016)「中高の英語指導に関する実態調査 2015」ダイジェスト版

2. 授業で実施するスピーキング活動は「即興型」が最も多いが、活動の種類は少ない傾向(図2)

  • 授業で行うスピーキング活動の種類とその頻度を尋ねた。「教師が与えるテーマに沿って、生徒が互いに即興的に話をする」活動を「いつも行う」が11%で、「よく行う」と合計すると37.0%。一方、「あまり行わない」「全く行わない」の合計は28%。
  • 次に多い活動は「事前に話す内容を準備し、発表する」で33%(いつも、よくの合計)であり、これは「あまり行わない」「全く行わない」の回答が13%で、一般的なスピーキング活動として定着していることがわかる。
  • 「いつも」「よく」と回答する割合よりも、「ほとんど」「まったく」しないという活動の割合が高いものが半数以上。これは、教師が言語活動の種類をあまり知らないということも考えられる。
  • 音読は読む活動の一つで、スピーキングではないが、少なくとも約1割の教師は、「音読」を「スピーキング活動」として回答した。スピーキング活動を適切に理解していないケースが見られる。(スピーキング活動を「毎時間行う」という回答と、実施している活動のクロス集計からの結果)(図2-1)

 
調査A 次ページへ ≫