<下記日程の受付は終了しました。次回の開催が決まり次第このページでお知らせいたします。>

生徒のやる気と学習効果を高める6つのテーマ

実践的な英語コミュニケーション力育成を目的とした英語教育改革により、学校現場では英語4技能育成のための具体的な指導が求められています。大学入試や4技能試験等、生徒が受ける試験が変化するのに伴い、「評価」からバックワードで「指導」を捉え直すことで、学習の目的・目標をより深く理解し、効果的で適切な指導へとつなげることができます。

今回6つのテーマで開催するワークショップでは、4技能の「評価」と「指導」について扱うほか、リーディングでは、CLIL(クリル)*のようなコンテンツ主導のアプローチをご紹介するなど、生徒の意欲を引き出し、学習効果を高めるノウハウをご提供します。

授業の変革を考える先生方が、明確な目標と自信を持って指導を実践できるよう、マイクロ・ティーチング(模擬授業)を通して確実なスキル向上を目指します。多くの先生方の参加をお待ちしています。

*CLIL(クリル):理科や社会などの教科学習と英語の語学学習を統合したアプローチ

ワークショップ詳細

  • 2019年2月24日(日)10:00-13:00
    リーディングとリスニングの評価

    学習に良い効果をもたらす評価を行うため、リーディング、リスニングそれぞれの言語活動の目的やプロセスを理解し、評価するためのタスクや評価基準について学びます。
  • 2019年2月24日(日)14:00-17:00
    リーディング指導:コンテンツ主導のアプローチ

    コンテンツ重視のアプローチで生徒のリーディングへの意欲を高め、リーディングからスピーキング、ライティングへ展開し、思考力を上げる方法を習得するとともに、授業へ応用するアイデアを話し合います。
  • 2019年3月10日(日)10:00-13:00
    スピーキングの指導と評価

    生徒のインタラクティブなスピーキング力向上を支援するために必要な、パフォーマンス評価に適したタスクや評価基準、クラス単位で行えるスピーキング活動、効果的なフィードバックについて扱います。
  • 2019年3月10日(日)14:00-17:00
    ライティングの指導と評価

    ライティングの評価に使われるタスクや評価基準のほか、実際の生活で行うライティングに即した、目的や相手を意識したライティング活動、フィードバックについて扱います。
  • 2019年3月17日(日)10:00-13:00
    生徒のやる気を引き出す指導法

    生徒の内発的動機づけを高める授業の特徴を理解し、生徒の興味・関心を保つための難易度の設定、学習の進度を生徒自身に実感させる方法など、ポイントとなる指導法を学びます。
  • 2019年3月17日(日)14:00-17:00
    生徒を引き付ける文法指導

    オーセンティックな教材と、明確で効果的な解説を用いたアクティビティを生徒の立場で体験し、既成の教材で生徒を引き込む授業を実践するための実習を行います。

対象:中学校・高校・大学英語教員および教育委員会担当者
定員:各回 30名
講師:ブリティッシュ・カウンシル英語教員研修講師 講師陣のご紹介
言語:英語
費用:各回 8,900円(税込)
会場:ブリティッシュ・カウンシル (東京都新宿区神楽坂1-2)

過去の参加者の声

  • 生徒として体験した上で具体的にレッスンプランを考えることができたので、楽しく学べました。
  • 今までにやったことのない授業の展開だったので、大変参考になりました。
  • ボキャブラリーなど1つのLessonで一気に20個も教えていたのは間違いだと気付いた。英語でやらねばと気合が入りすぎていて、日本語を効果的に使えばよいということで肩の力が抜けました。
  • とても良く構成されていて、準備もばっちりでした。良い授業には準備が大切だと改めて思いました。
  • 文法の授業はただルールを理解し、問題を解くという方法しか知らなかったので、目からうろこでした。自分が高校や大学でこのような授業を受けたかったです。

 

お問い合わせ

ブリティッシュ・カウンシル  英語教育部門  Eメール

 

本サイト内の関連ページ