英語コミュニケーションへの意欲を高める指導法

新学習指導要領では、双方向の「伝え合う」コミュニケーションを重視しており、それぞれの技能を結び付けた統合的な言語活動を通してそのスキルを育てることが求められています。

今回の中・高英語教員向けワークショップでは、実際の使用場面を想定しながら、主体的・対話的で深い学びについても扱い、意味のあるコミュニケーション活動や統合型の授業の実際をご紹介します。また、生徒の英語学習に対する意欲を引き出すとともに、大学入学共通テストを視野に入れた実践的な英語力向上のための指導法を扱います。

デモ授業(体験)、マイクロ・ティーチング(実習)、フィードバック(振り返り)で、実践へ導くワークショップです。授業改善を求める多くの先生方の参加をお待ちしています。

ワークショップ詳細

スピーキング力が向上するリスニング指導
これまでリスニング指導について紹介される機会があまり多くなかったこともあり、リスニング指導に困っている教師は案外多いようです。このセッションでは、リスニング指導を充実させることによって、生徒のスピーキング力向上につなげます。午後のスピーキング(やり取り)指導との関連から、一日を通しての参加をお勧めします。(半日単位の参加可)
・リスニング指導 2019年10月27日(日)10:00-14:00
 リスニング時の認知プロセス、リスニングのストラテジー、リスニングテストの種類、ボトムアップのスキルなど。
・スピーキング指導 2019年10月27日(日)14:00-17:00
 教科書を活用して自分ごと化するスピーキング、学習目標の設定、日本語の効果的な活用など。

考えや気持ちを伝え合う対話的な学び
生徒が自分の気持ちや経験を伝え合う活動は、実際のコミュニケーションで使える力を養うだけでなく、生徒のモチベーションを維持する上でも必要なアプローチです。その際、具体的な授業スキルに加えて、生徒の心理面に対する理解を高めれば、様々な授業場面で応用できるようになります。午後はライティングで対話的な学びを実現するためのアプローチについて扱います。一日を通しての参加をお勧めします。(半日単位の参加可)
・コミュニカティブな授業での内発的動機付けと形成的評価 2019年11月24日(日)10:00-13:00
 生徒の関与を維持する、適切なレベルの難易度、明確なゴールの設定、成長につながるフィードバック等。※一部過去のワークショップと同じ内容です。
・ライティングで対話的な学びを実践する 2019年11月24日(日)14:00-17:00
 標準的なテストにおけるライティング評価、ライティングの質と正確性を向上させるテクニック等。※過去のワークショップと同じ内容です。

大学共通テストが求める思考力育成と深い学びのデザイン
2019年12月26日(木)10:00~17:00
新学習指導要領では知識やスキルに加えて、思考力・判断力・表現力の育成も重視されており、入試でも思考力等が測定されていきます。午前中は、共通テスト(試行版)で求められている様々な読解力と、そこで何を測定しているかについて分析します。また、読解力を育む言語活動についてもご紹介します。午後は技能統合型で生徒の読解力を育成する授業の組み立てを考え、生徒の興味関心を高め、内容について主体的に考える深い学びのアプローチについて扱います。※こちらは終日のコースです。一部過去のワークショップと同じ内容です。
(このセッションは「読解力」の育成に焦点を当てています。テストで高得点を取るためのテクニックを扱うものではありません)

試験対策にもつながる実用的なスピーキング力の指導
2019年12月27日(金)10:00~17:00
4技能試験の導入に伴い、「テスト対策」に関心が集まる傾向がありますが、テスト直前にのみ「対策」としてスピーキング指導を行うのではなく、日々の授業の延長にテストを位置づけたいものです。そうすると、テストでよい結果が得られると同時に、実用的な英語力も身に着けることができます。本セッションでは、標準的なテストで使われているタスクや評価基準について紹介し、実際の生徒のサンプルを用いて、CEFRのA1-B2の言語レベルの違いについて理解します。午後は、やり取りの力を高めるアクティビティの種類や授業テクニックについても実習を通して扱います。※こちらは終日のコースです。過去のワークショップと同じ内容です。

対象:中学校・高校・大学英語教員および教育委員会担当者
定員:各回 30名(先着順)
講師:ブリティッシュ・カウンシル英語教員研修講師 講師陣のご紹介
言語:英語
費用:
10月27日、11月24日:各回(半日) 9,100円(税込)
12月26日、12月27日:1日 18,200円(税込)

会場:
10月27日・11月24日:研究社英語センタービル B1会議室(ブリティッシュ・カウンシルと同じ建物です)
12月26日・27日:ブリティッシュ・カウンシル (東京都新宿区神楽坂1-2)

過去の参加者の声

  • 教材のジャンルやポイントを明確に示してくれたので、明日からの教材作成にすぐ応用できる。
  • 作業の方法、自然にスピーキングを取り入れる方法、怖くない英語の授業のしかた、わかりやすい話し方が参考になった。
  • 仮定法を教える時はワークショップのスタイルをそのまま使い、英作文(Essay writing)までつなげたい。
  • 生徒のモチベーションや力を伸ばす考え方に基づいているから。現場で生かせる技術が多々ある。

 

お申し込み

こちらのオンラインフォームよりお申し込みください。

 

お問い合わせ

ブリティッシュ・カウンシル  英語教育部門  Eメール

 

本サイト内の関連ページ