Photo by Phil Sharp, © British Council

Photo by Phil Sharp, © British Council

ブリティッシュ・カウンシルとユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の共同開発によるサマースクール「ミュージアム・トレーニング・スクール」が2014年8月、開講します。

世界の美術館・博物館が急速な成長と変化を続けるなか、これらの機関をリードする人材の育成が急がれています。ミュージアム・トレーニング・スクールは、美術館・博物館の新世代リーダーの育成を目的に、英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルと、英国の高等教育機関UCLが、それぞれの専門性を持ち寄り共同開発しました。

美術館・博物館で3年以上の実務経験を有するプロフェッショナルを対象とし、国際的にニーズが高まっている技能に焦点を当て以下の4つのコースを開設(各コース5日間)。

  1. 地域、国、国際レベルでのパートナーシップの構築
    (日程:2014年8月4日~8日)
  2. 展覧会の企画・構成
    (日程:2014年8月11日~15日)
  3. 学校・教育プログラムの開発
    (日程:2014年8月18日~22日)
  4. コミュニティ・プログラムの開発
    (日程:2014年8月25日~29日)

キャンパスのUCLが所在するロンドンには20を超える美術館・博物館が集中し、コースは、これらの芸術機関の第一線で活躍する専門家が指導します。また受講生は、ブリティッシュ・カウンシルとUCLの両機関が所蔵する豊富な芸術品のコレクションに触れることもできます。

美術館・博物館における新しいリーダーシップのアプローチを知り、専門性を高めるだけでなく、国際的なネットワークを広げる絶好の機会でもあるミュージアム・トレーニング・スクール。受講お申し込み期限は2014年5月18日(日)です。

コースの概要、参加条件、お申し込み方法などの詳細は、コース情報(下記リンクよりダウンロード可能)ならびにUCLのウェブサイト(英語)をご覧ください。

関連サイト