クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル参加者募集

英国を代表するメディアセンター、ウォーターシェッドによるプロデューサー育成プログラム

英国を代表するメディアセンター、ウォーターシェッドは現在、同センターが2017年10月から約2年にわたり展開するプロデューサー育成プログラム「クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル」への参加者を募集しています。

クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナルは、多様なメディアやセクター横断のコラボレーションで生まれるアイデアやアーティストの先駆的な表現を形にし、社会のさまざまな場所でアーティストが活躍する新しい時代の一翼を担う『クリエイティブプロデューサー』の育成を目指した国際プログラムです。

現在、アートの世界では最新のテクノロジーを使った作品や、セクターを超えたコラボレーションを通して生まれる作品、美術館やコンサートホールを飛び出して街の中や人々の実生活に近い場所で展開される作品、鑑賞ではなく体験、または市民と関係性を紡ぐ作品など、新しい表現が次々と生まれています。それに伴い、革新的な作品やビジョンを実現するためにアーティストが必要とするサポートが多様化し、広いネットワークの構築が求められ、こうしたニーズに対応できる力を持つクリエイティブプロデューサー人材が必要とされています。本プログラムでは、世界各国から15名のクリエイティブプロデューサーを選出し、それぞれが住む国や地域において、アーティストのビジョンや作品を実現し、社会における文化の役割と価値についての理解を拡大する、クリエイティブリーダーとして育成します。

Creative Producers International プログラム概要

主催:ウォーターシェッド
協力:アーツカウンシル・イングランド、ブリティッシュ・カウンシル、西イングランド大学
パートナー:ライゾマティクス(日本)、アーツアドミン(英国)、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(英国)、サマセット・ハウス(英国)、マンチェスターインターナショナルフェスティバル(英国)、シチュエイションズ(英国)、ラボラトリオ・パラ・ラ・シウダ(メキシコ)、ラゴス・アーバン・ネットワーク(ナイジェリア)
期間:2017年10月~2019年12月末

プログラム構成

選出された15名は、2017年10月~2019年12月末までの約2年間の間、以下のプログラムに参加します。

  • 英国ブリストルでのレジデンスプログラム(2017年10月の頭から3週間)
    ウォーターシェッドに併設されるパーベイシブ・メディア・スタジオで開催されるレジデンスプログラム。参加者の経験に合わせたワークショッププログラムが組まれ、多様なパートナーとの対話やセクターを跨ぐプロジェクト遂行のためのスキル、優れたアーティストをキュレーションするスキルを身に着けます。
  • 2都市でのカンファレンス
    2017年10月19日に英国ブリストルで、2018年10月に東京で、それぞれPlayable Cityカンファレンスの開催が決まっています。都市の未来におけるテクノロジーと創造性をテーマにした国際カンファレンスの企画運営とファシリテーションの一部をプログラムの一環で行います。
  • デジタルラボ
    2年間のプログラム期間中、世界中で活動する参加者をオンラインでつなぎ、サポートするデジタルラボが展開されます。

15名の参加者には、上記プログラムに参加しながらそれぞれの活動領域において実際にプロジェクトを企画し、実行していただきます。その資金として一年目に5,000英ポンドが提供され、必要に応じて2年目と3年目にも追加申請ができる仕組みが用意されます。また、プロジェクトパートナーやスポンサーの開拓、資金調達についても、実践を通して学んでいきます。

募集概要 / 応募方法

募集要項、およびプログラム詳細:ウォーターシェッドのWebサイトに掲載(英語のみ)
応募オンラインフォームより(英語)
応募期限:2017年6月5日(月)英国時間午前9時まで
対象
分野や業界によってさまざまな定義があるクリエイティブプロデューサー。今回の公募では、活動分野、背景や年齢に制限が設けられていません。音楽、舞台芸術など文化セクターでの経験だけでなく、テクノロジー業界の方でも、創造的にテクノロジーを使う作品や、新しい表現を生み出すことに強い関心がある方、「プロデューサー」の肩書を持たない方でも意欲がある方を対象としています。応募の絶対条件となるのは、都市の中でアーティストや作品をキュレーションし、野心的なビジョンを実現するプロジェクトを成功に導く自信です。
その他
フリーランスなど、さまざまな形態で活動する人の参加を支援するため、各プログラム参加のための渡航費や滞在費は主催者側で負担するほか、毎年2,000英ポンドの参加補助金を提供します。プログラム参加にあたり、通訳なしでコミュニケーションできる英語力が必要です。

ウォーターシェッド(Watershed)について

英国で最もクリエイティブな都市のひとつとも言われるブリストル市を拠点にするメディアセンター、ウォーターシェッド。多様なアートフォームを横断的につなぎ、新しいアイデアの共有や発展を促進しています。120以上のアーティスト、クリエイティブ企業、テクノロジスト、研究者が集まるパーベイシブ・メディア・スタジオ(Pervasive Media Studio)を併設し、クリエイティブな実践と最先端の研究、最新のテクノロジーをつなぐコラボレーションにも力を入れています。