Forest Fringe at TPAM  “Playing with Cities”

Image: ©Takaki Sudo

2013年2月、英国のアートユニット、フォレスト・フリンジとのコラボレーションで、“Playing with Cities(街と遊ぼう)”をテーマに、英国パフォーミングアートのショーケースを開催しました。

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013参加プロジェクトとして展開したこのプロジェクトには、英国のパフォーミングアーティスト10組に加え、4組の日本人アーティストが参加。横浜という都市を舞台に、劇場という枠組みにとらわれないインタラクティブなパフォーミングアート作品とインスタレーション、7作品を上演、展示しました。あわせて展開したレジデンスプロジェクトのクリエイティブ・ラボでは、日英の参加アーティストが、横浜の街と関わり、人々と出会いながら、新たな作品のアイデアを発展させ、その創作のプロセスを会場のみならず、ブログやソーシャルメディアなどのオンラインツールを使ってリアルタイムで発信していきました。

「フォレスト・フリンジ」とは?

英国のアーティスト主導型のアーティスト・コミュニティ。自らもアーティストであるアンディー・フィールドとデボラ・ピアソンの2人のディレクターにより、2007年のエジンバラ・フェスティバルの期間中に立ち上がったジャンルを超えた実験的・冒険的パフォーミングアートの進化形。アーティストと観客が場をつくり、さまざまな体験を生み出し、新しい形のコミュニティーを形成していくことを得意とする彼らは、TPAM in Yokohama 2013に参加。ブリティッシュ・カウンシルとのコラボレーションで、“Playing with Cities(都市と遊ぼう)”をテーマに日本で初めてプロジェクトを展開。既存の舞台芸術の枠組みを超えたインタラクティブなパフォーマンスのショーケースと、日英のアーティストによるクリエイティブ・ラボを実施しました。

開催概要

フォレスト・フリンジ at TPAM  “Playing with Cities”
日程:2013年2月14日(木)18:00-22:00 | 15日(金)~17日(日)12:00-22:00
会場:BankArt Studio NYK 3階
主催:ブリティッシュ・カウンシル、急な坂スタジオ、ヨコハマ創造都市センター
共催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013 実行委員会
内容:パフォーマンス、展示、クリエイティブ・ラボ(レジデンスプロジェクト)

主なプログラムと参加アーティスト

ショーケース

アント・ハンプトン&ヘルト=ヤン・スタム「OK OK」
ブライアン・ローベル「Carpe Minuta Prima」
ベルリン・ネバダ「Still Night」
ホリー・ランブル「One Minute Birdwatching」「Hear A Pin Drop Here」

展示

ティム・エッチェルス「Give Up Your Dreams」
plan b「A Day in the Life, the Walkers of Birmingham」

クリエイティブ・ラボ

エラ・グッド&ニッキー・ケント
リチャード・デドメニシ
ターニャ・エルホーリー
デボラ・ピアソン
佐々瞬
渡辺美帆子

パフォーマー

石黒曜子
竹田英司(中野成樹&フランケンズ)

関連サイト