コレクションを活用した高齢者向けアウトリーチプログラムについて説明するマンチェスター・アート・ギャラリーの担当者

変わったこと、変わらないこと

郷泰典(東京都現代美術館 学芸員)

今回で2度目となる英国訪問。いずれもブリティッシュ・カウンシルの主催による視察ツアーへの参加である。1度目は、今から8年前の2006年。この時、私はまだ美術館に勤務しておらず、フリーでワークショップなどを企画・実施するワークショップ・プランナーという肩書きで仕事をしており、他の参加メンバーもミュージアム関係者ではなく大学教育学部教授、アートや防災関連のNPOスタッフ、横浜市職員で構成されていた。視察テーマは「アーツ・イン・エデュケーション」。学校や地域で活かされている英国のコミュニティアートの先進事例を伺い、助成機関、ミュージアム、ダンスカンパニー、小学校や大学などを訪問した。特に大学では留学生とも交流し意見交換ができた。その学生の母国は、戦争のためにたくさんの子どもたちが犠牲となり、大学で学んだことを活かしてアートで子どもたちを救う活動をしたいと語っていたことが今でも強く印象に残っている。テーマにも掲げてあるように、アートをいかにエデュケーションの現場で活かし、またエデュケーションそのものとして活用し、その果たす役割や可能性について熟慮する良いきっかけとなった。

そして、あれから8年がたち2度目となる今回の視察。「日英ミュージアム・エデュケーター交流プログラム」という名の下に、参加メンバーも様変わりし、都内および地方から美術館の教育普及事業に携わる若手・中堅学芸員8名が参加した。8年前と大きく異なるのは、このように参加メンバー全員が学芸員であるということ。そして、かくいう私も当時のフリーの立場から、今は美術館の学芸員という公の職についている。当然私自身の仕事のありようも変化し、社会(市民)とアートとの結びつきをよりいっそう意識した業務を日々行っている。

1度目の訪問時は、フリーの立場ということもあり個人的な経験として英国での視察体験を持ち帰ったが、所属する場所を持たない私は正直視察後のはけ口を見いだせないままに日々を過ごしていたと今振り返ることができる。しかし、今回は美術館という「職場」を持っているため、視察後の経験を仕事のなかで、ある種即時的に活かしていける立場にある。また参加メンバー同士が学芸員という同業であったため、視察後毎回交わされた会話は、おのずと英国の状況と自館および他館での取り組みとの比較や互いの情報交換などが中心となり、活発な議論が展開したことは1度目の視察時とは大きく異なる。

都内で同じ学芸員という仕事をしている者同士、顔を合わせることはそう多くはない。ましてや地方の学芸員とはほとんど会う機会がない。そういった意味からも英国での視察期間中寝食をともにし、移動の列車や車のなかでいつも意見を交わせたことは、新鮮かつ有意義な時間であった。ある者は日頃の自分の仕事の悩みを打ち明け、それに対し他の者が自身の経験からアドバイスをするというような場面も多々見られた。もちろん、視察先で伺った英国側の担当者のお話も我々参加メンバーにとって多いに刺激となったのはいうまでもない。なにより、自身の中にダイレクトにその言葉のひとつひとつが響き、日頃の自分の仕事を思い浮かべながら実感できたことは学芸員という職についたがゆえに感じ得た経験である。

ところで、英国も8年前と大きく変化した点がある。それはこの間に政権交代がなされ、文化予算が大きく削減されたということだ。また1度目の視察先でよく聞かれた「エデュケーション」という言葉から、今回は「ラーニング」という言葉が多用されている印象を受けた。もちろんエデュケーションという考え方がなくなったわけではなく、「教育」する立場からともに「学ぶ」という視点への変化を強く感じた。テートギャラリーでは「知の共同構築」を目指しているとのこと。ミュージアムの利用者同士、また(スタッフにとっても)ミュージアムそのものが互いの学びの場であることは、社会教育機関のひとつであるミュージアムのもつ使命として忘れてはならない。「ラーニング」という言葉を聞いてそのことを改めて認識した次第である。

もうひとつ大きな変化として、英国にもこの8年間で確実に高齢化の波が押し寄せており、高齢者、なかでも認知症の方たちに向けたアートの活用がはじまっている。視察先のマンチェスターでは「エイジ・フレンドリー・シティー」を標榜し、高齢者にとって暮らしやすい町となるべく、彼らの声に耳を傾ける取り組みが行われている。また“文化の注射”よろしく、トランク型のボックスに動物の剥製や蝶の標本、コインなどの資料を詰め込んで病院へデリバリーするアウトリーチ活動も行われており、ミュージアムと医療機関との連携も盛んである。一方、リバプールのワールドミュージアムでは、「ハウス・オブ・メモリーズ」という認知症の方を対象にしたプログラムが開発されていた。このプログラムのユニークなところは、ミュージアムが介護スタッフに向けて訓練を施すという点である。日本でも高齢者施設にアートを届ける活動は行われているが、施設職員の訓練のためにアートを用いる取り組みはあまり聞いたことがなく、この事例は今後日本でも活かすことができるのではないだろか。

さて、8年前と今回の視察、そのどちらにおいても変わらない英国がある。それは、アートの重要性を語り、それを信じる態度である。彼らはアートをひとつの手段として活用し、社会に役立てるために、自分たちがどのようなビジョンのもとに、何をやらなければいけないのか、そしてそれをどのように実行するのか、ということを明確に言語化し、そのことについて第三者に示す優れたプレゼン能力を持ち合わせている。このことは、8年前の視察先で出会った関係者、そして今回の方々、皆一様にわかりやすく理路整然と語る姿は自信に満ち、英国という国が示すアートのあり方を外国人である我々に明らかにしてくれた。今回の視察を終えて、改めて「アート」の魅力、またその役割と限りない可能性についてますます深く考えさせられることとなった。

最後に、2度もお声掛けいただいたブリティッシュ・カウンシルの皆さま、および視察先で大変貴重なお話しをしてくださった各担当者の皆さま、現地通訳の澤田様に心より感謝の意を表したい。

本サイト内の関連ページ

関連サイト