George Shaw Ash Wednesday: 3.00pm 2004-2005 Humbrol enamel on board 91 x 121 cm © The Artist

Image: George Shaw, Ash Wednesday: 3.00pm, 2004-2005 © The Artist

1966年、イングランドのコヴェントリー生まれ。シェフィールド・ポリテクニック、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートに学ぶ。2001年、自身が生まれ育ったコヴェントリーのタイル・ヒル公営住宅団地を描いた作品のセレクションによる個展「The Sly and Unseen Day」[ずるくて見えない日]によって、ターナー賞にノミネート。彼のペインティングやドローイングには、公営住宅、アパート群、灰色の空の広がりを背景に、バス停、電話ボックス、パブ、グラフィティに飾られた壁などが描かれている。イングランドでこのような眺望は必ずしも美しいものではないが、変わる公営住宅の性質を詳細に探究している。これらの考慮に値しない、無視されたような風景は、強烈な個人の記憶によって、突如として価値を持つようになる。

関連サイト