Aptisの活用方法

Aptisをどのように活用できるでしょうか?

  • 御社が実施者の場合:
    御社の状況に合わせ、試験を実施するために必要なものをすべてお届けします。進行状況の把握や結果レポートの出力を、自分たちで行うことも可能です。
  • 弊機関が実施者の場合:
    御社が独自に試験を実施するのが難しい場合は、弊機関が代わりに試験を実施をすることも可能です。パソコンのセットアップ、結果レポートの出力、試験監督、公正な受験環境の確保等が含まれます。

結果レポート

実施された各テストはスコア(0-50)で評価され、それを基に受験者同士を比較することができます。また、再度受験する際、その上達度をはかることも可能です。

それぞれの受験者の結果だけでなく、グループとしての結果を見ることができるため、個人および部署としてのパフォーマンスの両方を分析することが可能です。

柔軟性を持つ受験形式

Aptisは様々な形式で提供することができます。

コンピュータによる試験

最も簡単な受験方法はコンピュータで受験する方法です:

  • ご都合の良い時に、職場にお届け
  • パソコンでもタブレットでも受験可能
  • 受験者やビジネスに適する形で、受験者はいつでも受験することが可能
  • 試験問題をダウンロードし、オフラインで受験することも可能
  • 迅速な結果レポートを出力
  • コスト効果に優れた受験形式

筆記試験

一度に多くの受験者を評価する場合は、従来の筆記試験がご利用いただけます。※スピーキングテストは、パソコンまたは電話による試験となります。

筆記試験は下記のメリットがあります:

  • 一度に多数の受験者を評価
  • インターネット接続またはソフトウェアなしで試験を実施
  • コンピュータースキルが不要で、対象者を評価

日本でAptisを実施する場合は、ご利用規約が適用されます。

試験準備も結果も、迅速かつ手頃に

ニーズに応え、試験提出から48時間以内に、結果をお届けするサービスを提供しています。さらに、スピーキングとライティングスキルも、ブリティッシュ・カウンシルの専門家によって迅速に評価されます。

コスト効果に優れています

英語試験を採用に取り入れる、もしくは既存スタッフの英語力をはかる際に、Aptisはとても有益で、ビジネスに価値を与え続けます。

  • 今、必要な技能のみを考査できる試験。
  • リーズナブルな価格設定により、スタッフに繰り返し実施することが可能。一定の期間において、スキルの上達をはかることに適しています。

 ビジネスニーズに柔軟に対応します

  • 必要とするスキル(ライティング、リーディング、スピーキングまたはリスニング)に的を絞ることも出来ますし、もしくはビジネス、トラベル、観光業、教育関連など業界に特化するようカスタマイズされたすべて4つのスキルテストを選ぶことも出来ます。
  • 取り組みたい営業業績の課題に集中することにより、競争力を高め、信用を守ります。

公平および公正

Aptisは、対象者が最も高い英語力を示す平等な機会を与えます。試験は文化の影響を受けないようデザインされており、すべての対象者にとって、公平な評価の場をご提供します。

Aptisの試験問題は複数セットがあるうえ、新しいものも常に導入されます。これにより、受験者は、隣の方と同じ問題を解くことはありません。

正確かつ信頼できる結果

ブリティッシュ・カウンシルは70年以上の英語力評価経験を持ちます。

Aptisのスコアは正確かつ信頼: 

専門試験官がライティングとスピーキングスキルを採点する際、受験者は複数回の受験にて同様の評価ができていることが調査で表されています。スキル評価に用いた科学的な調査に関する詳しい情報は、リサーチページにてご確認頂けます

スコアはCommon European Framework of Reference for Languages(CEFR)に照らし合わせて示されます。受験した各試験に対し、CEFRレベル(A1-C)の結果が表示されます。4つのスキルすべて受験した場合は、全体に対するCEFRが表示されます。CEFRは英語運用能力の枠組みの基準として、世界中で使用されています。