政府機関または非政府組織の方へ

Aptisを使って、組織内での英語スキルの学習成果を評価するのは容易です。Aptisは国際基準に基づいた英語検定試験で、受験者の英語スキルを問わず、様々な環境に合わせて柔軟に活用できるテストです。

  • 政府機関または非政府組織として、Aptisの評価を活用し、現在の英語学習プロジェクトを強化することが可能です。トレーニングの前後、および途中で行うことで、対象者の上達度をはかることができます
  • Aptisを実施することで、それぞれの受験者に合わせたトレーニングニーズを探ることができます
  • ニーズに合わせて、Aptisをカスタマイズすることが可能です

なぜAptisを使うのか?

  • Aptisは文法と語いを中心に、リーディング、ライティング、スピーキングとリスニングの英語スキルを評価するために構成されています
  • プロジェクトに関連するスキルのみを選ぶことが出来ます
  • スケジュール調整のための時間を省けるよう、Aptisを指定の場所と時間にお届けすることが出来ます
  • AptisはレベルA1からCまでの幅広い英語スキルの評価が可能で、同じ日に同じタイミングで、上級者と初級者を同時に的確に評価することができます
  • タブレット、パソコン、筆記試験など複数の受験方法があり、多様な受験環境に対応可能です

Aptis事例紹介