©

Philharmonia Orchestra

Date
2015年 03月 03日 (火曜日)
18:0020:00
会場
ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県川崎市)

ミューザ川崎シンフォニーホールとブリティッシュ・カウンシルは、英国フィルハーモニア管弦楽団来日公演にあわせ、同団のデジタル部門担当者を招いたフォーラムを開催いたします。

現在、日々進化を遂げるテクノロジーの普及は社会に大きな影響を与え、人々の表現手法やコミュニケー ションなどの面で、多様な変化が生まれています。芸術分野でもテクノロジーとの融合によって新たなイノ ベーションが創出されています。

生の音楽と、デジタルな音響や映像などを駆使したテクノロジーも一見遠いところにあるように見えるか もしれません。しかし、新しい技術は音楽団体やホールが抱えてきた課題に対し、これまで想像もしなかっ たような方法で解決策を創出できる可能性もあります。iPad アプリ「The Orchestra」や、なかなかコンサートに 来られない地域の子どもたちへ音楽を届ける「iOrchestra」など、英国フィルハーモニア管弦楽団が展開する テクノロジーを活用した事例を紹介いただきながら、自由なアイデアを膨らませてみませんか?

【セッション概要】

日時:2015年3月3日(火) 18:00-20:00
会場ミューザ川崎シンフォニーホール
主催:ブリティッシュ・カウンシル、ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)
平成 26 年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業 

【スケジュール】

18:00 事例紹介:英国フィルハーモニア管弦楽団の取り組み
ルーク・リッチー(フィルハーモニア管弦楽団 デジタル部ディレクター)

19:00 参加者によるディスカッション

【お申し込み方法】

申込オンラインフォームよりお申し込みください。
定員:50名(先着順)
言語:日本語・英語(通訳付き)
参加費:無料

関連リンク