Secondary Plus 受講生の声

2019年夏限定で開催された中高生向けの英語コース「Secondary Plusサマープログラム」に参加された、都内の私立高校に通うM.H.さんに受講のきっかけからレッスンの様子までお話を伺いました。

お名前 
M.H.さん(都内私立高校)

受講コース
Secondary Plus サマープログラム

Secondary Plusに通われたきっかけはなんでしたか。

Secondary Plusを受講したのは、数か月前に中国で開催されたハーバード大学主催の模擬国連に参加したことがきっかけでした。私は帰国子女ということもあり、周りに比べて英語は話せる方だと思い込んでいましたが、いざ参加すると英語を話すことが久しぶりで、なかなか勇気が出ず、4日間の会議で私が話せた英語は信じられないほど少なかったのです。帰国後、自信を失っていた私に母が進めてくれたのが、ブリティッシュ・カウンシルで夏に開催される中高生向けの英語コース、Secondary Plusでした。

Secondary Plusの授業はいかがでしたか。

授業は私たちにとって身近で、私たちだからこそ考えられる内容のものがほとんどでした。受講中、一度もつまらない、眠いということはなく、模擬国連の出来事で英語に対しての恐怖、不安でいっぱいだったはずの私は、気付けば先生の授業が楽し過ぎて英語への不安がなくなるどころか、むしろ自然と以前よりも断然英語を話すことが楽しい! と感じるようになっていました。

新しい学びや発見などはありましたか。

Secondary Plusの授業はこれまで体験した授業とは全く異なったもので、新鮮でした。例えば、自分自身でインターネットでリサーチし、グループで討論して自分たちで解決策を見つけます。授業を通して、クラスメイトと一緒に解決法を探し、お互いに意見を出し合って発表するという喜びを知りました。

Secondary Plusの授業で印象深かった出来事はありましたか。

私は英語を話すのが得意だった一方、読み書きはあまり得意ではありませんでした。当初英語のエッセイを書くときは緊張して、何から書けばいいのかわかりませんでしたが、クラスメイトとお互い助け合い、それぞれのエッセイについてアドバイスをし合うことにより、次第に英語を書いたり、読んだりすることに対しての苦手意識がなくなっていきました。

あるテーマについての意見交換中に行き詰っていたところ、近くで見守っていてくれた先生が分かりやすいヒントをくれ、私たちなりの正解に導いてくれました。そのことがとても嬉しく、ディスカッションでも自信が持てるようになったことが印象に残っています。

一緒に学んだクラスメイトやクラスの様子、雰囲気はいかがでしたか。

授業初日、私たちは皆緊張していて、一言も話しませんでしたが、先生は私たちが緊張しているのに気付いたのか、驚くほど優しく、明るく、場を和ませてくれました。そのお陰ですぐに男女先輩後輩関係なく、昔からの友人の様にすぐに仲良くなれました。そしてとうとう、あっという間に来た最終日の帰り道に、私たちは「また、いつかSecondary Plusがあったら絶対にこのメンバーで集まろう!」と約束しました。

私たちの距離を縮めてくださった先生にはとても感謝しています。Secondary Plusのメンバーと一緒に勉強して、お互い自分のことについてたくさん話し、さまざまなことを学べて本当に良かったです。この夏、私は最高の仲間と出会えました!

Secondary Plusは、これまで通われた海外の語学学校と比べていかがでしたか。

クラスのあるビルの外は馴染みのある日本の風景なのですが、いざ教室に入ってみると、ここは本当に日本なのだろうか?と思うぐらい、Secondary Plusの授業内容、先生、クラスメイト、教室の雰囲気は私が昔通っていた海外のインターナショナルスクールの雰囲気にそっくりでした。

インターナショナルスクールは英語がメインなので、英語を話したことのない人はもちろん、英文法や、英単語を知らないと苦労することがあると思いますが、それに比べてSecondary Plusは、元々英語を話せる人はもちろん、英語初心者でも分かりやすく英語を学ぶことができます。

ネイティブの先生やグループのメンバーと英語で話すので、スピーキング力が上がるのはもちろん、英語のエッセイを書いたり読んだりもするので、ボキャブラリー力、リスニング力、ライティング力もつけることができます。少しでも英語に興味があれば、日本にいながら誰でも気楽に授業に参加できるのではないかと思います。

Secondary Plusに通われて、将来への展望や日常生活での変化や効果などはありましたか。

私の夢は“日本でアナウンサーになること”でしたが、Secondary Plusに通ってからは、英語に自信が持てるようになり、“海外で日本の良さを伝えるニュースキャスターになること”に変わりました。この夢を叶えるのは大変ですが、Secondary Plusで改めて実感できた英語の楽しさを忘れずに、これからも英語の勉強を頑張っていきたいと思っています。私は来年オーストラリアに留学しますが、もう模擬国連の時の英語に対して恐怖や不安があった私ではありません。今では英語を話すことが楽しく、恥ずかしがらずに誰とでも話せる自分がいます。

英語を話すことが楽しい!ともう一度気づかせ、希望をくれた先生には感謝でいっぱいです。また機会があれば、是非参加したいと思っています。

 

本サイト内の関連ページ