中学・高校生向け夏休み英語プログラム
©

Kenichi Aikawa

仲間と一緒に英語で問題解決の方法を考える夏休み体験

 
この夏、中学生・高校生を対象にした夏休み限定の特別英語プログラムを開講します。世界のティーンズが学ぶ、ブリティッシュ・カウンシルの中学・高校生向け英語コース「Secondary Plus」のカリキュラムで、実社会のトピックや課題について取り組みながら、国際標準の英語4技能「読む、聞く、書く、話す(対話・発表)」と21世紀スキルをバランスよく習得していくと同時に、プログラミング的思考を育むコンピュータゲーム「マインクラフト」を使った創造力あふれるアクティビティにも挑戦します。

毎週新しいトピックについて英語で楽しくディスカッション

ブリティッシュ・カウンシルの中高生向け英語コース「Secondary Plus」は、英語で考え、英語を学ぶ「完全英語環境」のグループレッスン。世界各国で使われているオリジナル教材「マガジン」やほかのメディアを使って、実社会のトピックについて英語で学習します。習得した語彙や文法などの英語スキルを活用しながら、少人数グループでのリサーチからディスカッション、プレゼンテーションという一連のタスクやプロジェクトに取り組むことを通して、必要な英語コミュニケーション力と自分の考えを「伝える」自信を育みます。

トピックは毎週異なり、例えば、地球環境問題について記事を書いたり(「A better world」)、人間生活における動物の役割について話し合ったり(「Fantastic beast」)、タスクも様々です。講師やクラスメイトと助け合いながら、ともに考え、切磋琢磨できる少人数グループレッスンは、ほかには代えがたい英語学習体験となるでしょう。

マインクラフトを使った英語学習

教育版マインクラフト(Minecraft: Education Edition)は、バーチャルのブロックを自在に組み合わせて独自の世界を構築し、その世界の中を冒険するなど、プログラミングしながら遊ぶことができる人気ゲーム。子どもの想像力やプログラミング的思考、クラスメイトと一つの世界を共有し、共同作業を行うことを通じてコラボレーション力や問題解決力を育む教材として、世界で広く教育カリキュラムに導入されています。本コースは、バーチャル空間を介してクラスメイトと協力し合い、グループ作業のタスク(例:一緒に街づくりを計画し建設する)に取り組む、または個人のタスク(例:作ったものをクラスメイトに発表する)の一連のプロセスを通して、お子様が創造力を発揮し、英語コミュニケーション力を自然に育むことを目的としています。マインクラフトを使いながら、英語レッスンで紹介するアイディアやコンセプトをさらに探求し、発展させ、英語スキルの活用をサポートします。

トピック&プロジェクト(例)*

※週ごとに新しいトピックを学びます。

コース トピック プロジェクト
 Junior Secondary Plus(中学生)  Conservation and urban animals 動物に関する問題についてディベートし、マインクラフトで持続可能なオランウータンの保護区を作る。
Senior Secondary Plus(高校生) Life at the edge of civilisation 世界周遊旅行を計画。マインクラフトで自分の遠隔地域を作り、人々がどのように暮らしているのか考える。

レッスンの流れ(例)*

Day 1 マインクラフトについて知る テクノロジーやゲームの操作に必要な英語を習得します。
Day2 トピックとタスクについて学ぶ トピックに関連する英語を習得し、タスクの計画を立てます。
Day3-4 プロジェクト型学習 マインクラフトや他の教材を使ってタスクや課題に取り組みます。
Day5 プレゼンテーション又はレポート 習得したスキルをいかしてプレゼンテーションやライティングのスキルを練習します。

1日のタイムテーブル(例)*

9:00-10:30 (90 mins) 英語レッスン(Secondary Plus)
  休憩
10:45-12:00 (90 mins) 英語レッスン(Secondary Plus)
  昼食
13:00-14:45 (105 mins) マインクラフト(Minecraft Activities)
  休憩
15:00-16:00 (60 mins) 英語 x マインクラフト プロジェクト
(Secondary Plus - Minecraft Project link)

  ※ 扱うトピックやスケジュールは各クラス(レベル)でことなります。

 ※ 本コースは、教育版マインクラフト(Minecraft: Education Edition)を使用いたしますが、Microsoft主催の公式プログラムではありません。

【受講生様の声】一人でやるよりクラスメイトと英語で意見をぶつけ合えるのが良い刺激になった!

学習ポイント

  • 英語コミュニケーションに必要な英語4技能(読む、聞く、書く、話す)をバランス良く習得
  • 語彙、文法、発音に磨きをかける
  • 少人数でのリサーチからディスカッション、プレゼンテーションを通じて、大学や将来のキャリアなど社会生活に役立つ英語スキルと自信を身に着ける
  • 実社会につながるプロジェクト型学習を通して、国際社会を生きるうえで必要な21世紀スキル―クリティカル・シンキング(Critical Thinking)、問題解決力(Problem-solving)、コラボレーション・コミュニケーション力(Collaboration & Communication)、グローバルな市民性(Global Citizenship)などを育む
  • マインクラフトを使用したタスクを通じて、創造力とデジタル・リテラシーを育む

学習成果の発表・コース修了証

毎週、最終タスクとして、受講生は学習トピックに関するライティングやプレゼンテーションを行い、レッスンの学習成果を発揮します。また、プログラム終了後には、講師よりレベルに応じたコース修了証(Certificate)をお渡しします。

コース概要

レベル

中学生向け英語コース:CEFRレベル A2, B1

高校生向け英語コース:CEFRレベル:B1

CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)は、言語の枠や国境を越えて、外国語の運用能力を同一の基準で測ることができる国際標準です。

対象

中学生向け英語コース:12歳-15歳(コース開講時に中学生1年生~3年生の方)
高校生クラス:15歳-18歳(コース開講時に高校1年生~3年生の方)

※ご受講いただくには、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)A2レベル以上が必要です。事前に受けていただく英語レベルチェックで、おすすめのクラスをご案内いたします。

※プログラム内でマインクラフトの簡単な使い方の説明がありますので、マインクラフトを触ったことない方、プログラミングが分からない方でも安心して受講いただけます。

日時

【Week 1】2022年7月25日(月曜日)~29日(金曜日)9:00-16:00*1
【Week 2】2022年8月1日(月曜日)~5日(金曜日)9:00-16:00*1
【Week 3】2022年8月8日(月曜日)~12日(金曜日)9:00-16:00*1

レッスン時間数:6時間×5日間(週30時間)

 *1 ランチタイム(60分)と休憩時間(30分)が含まれます。
 *2 週ごとに新しいトピックのマガジン教材を使用します。受講は1週間から、最大3週間までお選びいただけます。

会場

ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール(飯田橋本校)

レッスン構成

グループレッスン(クラス定員 15 名)

講師

国際英語教授資格を有する経験豊かな講師が、各クラスを担当します。≫講師紹介を見る

授業料

レッスン数 授業料 セットご登録割引
1週間(30時間) 128,700円(税込)
2週間(60時間) 244,530円(税込) 5%お値引き
(257,400円→244,530円)
3週間(90時間) 347,490円(税込)  10%お値引き
(386,100円→347,490円)

※入会金不要・教材費込み(マインクラフト含む)

※コース開講前に、2週間以上のセットご登録いただいた場合に限り、授業料5%(2週間)または10%(3週間)のお値引きが適用されます。

新規の方のお申込み方法*

本コースにお申込みいただくには、受講相談と英語力診断(無料)のご予約が必要です。

  1. こちらのご予約フォームから受講相談と英語力診断(オンライン筆記テスト・スピーキングチェック)をご予約ください。

    既存生の方は受講相談を受けていただく必要はありません。
    各コース、コース開始時の5日前に、お申し込みを締め切らせていただきます。

  2. ご予約日までにオンライン筆記テストを行ってください。

  3. 受講相談では、レッスンや英語学習についてお気軽にご相談ください(40-50分程度 スピーキングチェック含む)。英語力診断の結果に応じておすすめのクラスをご案内いたします。
    ※18歳未満の方の受講相談には、必ず保護者の方のご同伴をお願いいたします。

【授業形式について】
本コースは、ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール(飯田橋本校)での対面レッスンを実施しておりますが、必要に応じて、同じ内容でオンライン・レッスンに切り替わる可能性がございます。
英会話スクールにおける新型コロナウィルス感染防止に対する取り組みについて